アラカン夫婦のスマホ事始め

2012年12月26日 12:36

先月私が買ったのと同じSHARPのSHL21を、カミさんも今月になって買った。
いろいろと「サポート」する必要があるので、私が先行してスタディしておいた。
先にWi-Fi環境を作っておいたのは正解でだった。我が家は大阪市内だが住宅街なのでLTEが最低のレベルになっている。

月々の費用は、スマートパス(390円)を止めて約6500円/月/人。
関電eo光に入っていた御陰で他のキャリアーより毎月1480円安くなるにも拘わらず、予定より少し高めになったは、最新の機種なので機種代が「0円」にならなかった為だ。

スマートパスは390円で、アプリ、音楽、動画、電子書籍取り放題の上、辞書やATOK、ウイルスバスターが込み々になる。
一見お得そうなパッケージだが、本、音楽や動画で我々の年代に興味が湧くものは全くないし、アンチウイルスソフトは多くの有料ソフトがフリー・バージョンに負けているという評価結果がある。また、電子書籍を読むにはスマホは不向きで、7インチぐらいのタブレットが本を読んだりWEBを見たりするのに向いている。



携帯の電話やメールは彼女の方がヘビーユーザーだったので、この2つの使い方はアッと言う間に習熟した。特定の相手にショートカットを作ってワンタッチでかけられるようにしている。

そのショートカットで困ったことが起きた。

DSC00465s.jpg
カミさんが、左上の「設定しよう」というショートカットを誤って消してしまった。
ショートカットは少しロングタップになると×マークが現れ、さらにタップすると消去されてしまう。
スマホ内のアプリを全部探したけれども「設定しよう」というアプリが無い。
WEBで探しても出てこなかったので、とうとうauのサポセンに電話した。
最初は向こうも自信満々だったが、私と同じでどうしても見つけられない。
何度か電話を切って、担当者が社内を聞き回って出してくれた答えは思いがけないものだった。


「設定」→「アプリ」→「3ラインホーム」をタップして、アプリの設定メニューに入り
DSC00472s.jpg
「データ消去」をタップせよというのだった。
出荷時の状態に戻って、「設定しよう」というショートカットが現れるという事だった。但し、初期状態に戻ってこれまでの設定が消えてしまうと言う。
ちょっとビビッたが、エイヤでやったら、新たに作ったショートカットは消えたが、インストールしたアプリは消えず配置が変わっただけだった。

ソフトバンクの頃とは違ってサポセンの対応がなかなか良い。キャリアーを変えて良かった。
(代理店のレベルは余り違わない。彼らは単なる売り子で、売ったらお終いだ。2年後に自分が同じ店にいる事はまず無い。)


ところで、後になって、このショートカット無しに同じ事ができる事が解った。
DSC00468s.jpg
上から1/3辺りをフリックして、「設定」アプリとはまた違う設定画面に入る。
下から2番目の「ショートカット貼り付け」をタップすると、

DSC00467s.jpg
「設定しよう」のショートカットで現れるのと同じ画面が出てくる。
分かってみれば「コロンブスの卵」だが、どこかに元になるアプリがある筈という常識から、プロも抜けられなかった。




今後スマホは年代を問わず拡がっていくだろうが、「設定」という敷居を乗り越えた後では、文字入力に最も不便さを感じる。音声入力は検索キーワード入力では沢山の候補が出て威力を発揮するが、テキスト入力では候補が出ず、確定になってしまう。普通のワープロのように文節毎に変換できる状態にできれば、PCのワープロさえ不要になるだろう。

それと不思議に思うのは、携帯では皆付けていたストラップをスマホでは付けていない事。
歩きながら画面を見ている人を見かけるが、落として壊れたら大変な損害になる。ストラップがあれば簡単に防げる事なのだが、付いているモデルを見た事がない。4800円/年で保険には入っているが、それでも5750円の自己負担があるし、無くしたデータは戻ってこない。SHL21にも右下角にストラップホールがあるので、デジカメで使っていた手首の入るシンプルなストラップを付けている。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1755-a747eeaf
    この記事へのトラックバック