DLNAネットワーク~PS3が蘇った

2012年12月31日 12:48

PS3をBDプレイヤーとして130インチプロジェクターのソースに使ってきたが、BDレコーダーがこう安くなると使い勝手の面でマイナスになってくる。そろそろ3台あるBDレコーダーの1台と入れ替えて、PS3はお蔵入りにしようと思っていた。

世間では家庭内LANで録画したコンテンツを共有するのが流行っている。ソニーのBDレコーダーの「設定」を手繰ると「ホームサーパー設定」という項目が出てきた。ものは試しとBDとPS3をLANに繋ぐと、そこは同一メーカー同士、自動でPS3のファームがバージョンアップして簡単にお互いを認識した。
たかが最高で100MのLANにハイビジョンの画像を流して、スムースに動く筈がないとタカをくくっていたが、PS3からはダイレクトにBDディスクを見るのと変わらない画質が流れていた。音もちゃんと5.1サラウンドで鳴っている。これならBDにダビングして運ぶ必要がない。

何でも試してみるモノだ。棄てる積もりのPS3が、無くてはならないプレイヤーになった。


そうなるとダイニングの42インチ液晶TVにも、LANで送りたくなってくる。
だが、DLNAはここ2~3年の間に流行ってきた規格で、6年前のモデルではどうしようもない。
しかしHDMI端子は持っているので、なんとかクライアントになってHDMI出力を出す端末はないものかと探した。

すると案外商品があって、価格も1万円程度で色々出ている。これならダメ元でもいい。
2009年の少し古いモデルだか、 I-O DATA の AV-LS700 をAmazonで買った。
それ以外にも、HDMIケーブル、LAN端子を増やすためのスイッチングハブ2台、LANケーブルを既存のものを含めて短いのにする為に6本、総てAmazonで調達したが。数千円だった。こんなに安くあがってしまっては日本の家電メーカーが淘汰されるのも無理はない。

結果は成功。ソニーのBDレコーダーAT900とAT970を両方認識した。ただ画質はPS3で再生するより落ちる。ブロックノイズは出ないが、同じフルハイビジョンでも全体に輪郭が甘く解像度が落ちているように見える。

これまでは環境(湯気でBDのピックアップがやられる)の所為で、BDブレイヤーを持ち込めず、リアルタイムにTVを見るだけだったが、これからは大画面で好きな時にドラマやドキュメンタリーが見られる。



なんかスマホを買ってから、一気にデジタル家電へのテンションが上がってきたようだ。
何かに熱中していないと、「平滑筋肉腫」が頭の中に取り憑いてしまうので、この方が助かる。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1757-1a08ddc1
    この記事へのトラックバック