母親は文字通り骨身を削る

2013年02月18日 11:16

カミさんは元々、筋力が弱く骨が細かった。

40代後半には、膝が悪くなって一時階段を上れない事もあった。
一昨年の夏には大腿骨頸部を骨折し、骨にボルトを打ち込んで、リハビリを含めて一月以上入院した。

今度もビジホから息子のマンションに通って、買い物などをしている。
骨折以来買い物は電動自転車でしていたが、再び徒歩に戻り、また膝か痛んできた。
最寄り駅付近のスーバーでは手に入らない食材を求めて、遠くの店まで買いに行ったりするからだ。

先日とうとう腰に来て、痛くて真っ直ぐ立てなくなった。
それでもボルタレンを2錠飲んで、腰に懐炉を当てて一晩寝たら立てるようになった。
薬の力だけではなく、気力の問題なのだろう。
花の28年と自慢していたが、もう数ヶ月で還暦だ。男親にはできない真似である。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1783-c7a24989
    この記事へのトラックバック