横浜 山手本通り散歩

2013年07月25日 12:02

DSC00310s.jpg
外国人居留地を目指して、JR石川町駅から坂道を上る。
この坂道どこまで続くんじゃいと思う頃、ようやく最初の洋館への道標が見えた。
九十九折りの階段を上がり、「ブラフ18番館」に行き着いた。


DSC00313s_20130722115322.jpg
「ブラフ18番館」の奥、一段高い所に「イタリア庭園」があった。
その向こうは「外交官の家」。



DSC00314s_20130722115326.jpg
庭園から横浜の街を一望にできる。


DSC00321s.jpg
「ブラフ18番館」へ戻って、又階段を上がると「外交官の家」の正面へ出た。
なんだ「イタリア庭園」からそのまま出れば良かったのだ。

まもなく「山手本通り」に入り、石畳の歩道を歩く。
見た目には良いが、歩きにくい。
神戸北野の異人館街i雰囲気は似ているが、道も両側の家も大きい。

DSC00323s_20130722115329.jpg
これが「フェリス女学院」

高校の時、クラブで信州へスキーに行った。
大糸線の鈍行に揺られるうちに目に入ったのが「フェリス学院専用スキー場」という看板。
専用スキー場なんて、よほどの金持学校だ。我等公立高校のイモ兄には及びも付かない別世界だった。
これがあのフェリス学院なのか。

(尤も数年前、JR全線完乗で大糸線に乗ったが、「専用スキー場」の看板は無かった。)



DSC00324s.jpg
土曜日なので閑散としているが、通用門を入る数人の学生を見かけた。
ごく普通の制服だ。



DSC00328s_20130722115804.jpg
「ベーリックホール」
2階の十字型の窓が珍しいらしい。


DSC00333s_20130722115806.jpg
「エリスマン邸」


外国人墓地はまだ開いていなかった。
右へ折れ「港の見える丘公園」へ向かった。
前方にドリンクの自動販売機が見えた。そういえば石川町駅からここまで自販機が無かった。
街の方針で、自販機を置かせないようにしているのだろう。
冷たいお茶で喉を潤して、一服。


DSC00336s_20130722121901.jpg
横浜市交通局が運行している周遊バス「あかいくつ」
勿論、あの「異人さん連れられて行っちゃった」女の子から取られている。


DSC00335s_20130722115807.jpg
「イギリス館」。元イギリス総領事館
ホールからベートーヴェンのピアノソナタが聞こえる。ミニコンサートを開いているのだろう。


DSC00339s.jpg
スパニッシュスタイルの「山手111番館」



DSC00338s_20130722122038.jpg
還暦夫婦は充分散歩を堪能した。
2つの「洋館」共通の庭を通って「港の見える丘公園」へ戻る。



DSC00346s.jpg
公園の展望台から見た横浜港
木に隠れた氷川丸の黒い煙突だけ見える。


DSC00343s.jpg
パノラマ版
下のバーをスライドするとベイブリッジまで見えます。

[NEX-5R+SELP1650]
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1836-f979c5c6
    この記事へのトラックバック