横浜 三渓園

2013年07月29日 12:06

三渓園は明治大正期、生糸で財をなした原三渓が、江戸時代や室町時代の寺院・茶室を移築した庭園。
横浜市中区本牧にあり、広さ53000坪。建物の多くが重文になっている。

当時は廃仏毀釈、旧幕府の持ち物という事で、買い集められたのだろう。
三渓が買わなかったら、解体されて何処かの民家の柱や梁に変わり、姿を消していた建築物である。
三渓は先代の孫娘の娘婿で、自身は豪商というより文人のイメージが濃い。
岡倉天心や夏目漱石等と親交があり、南画風の画を残している。


DSC00405as.jpg
京都灯明寺の三重塔を背景にした、このシーンはよく使われている。
先日の蓮池は、遊歩道を挟んでこの大池の右にある。
ちなみに入場料は大人500円だが、65才以上は300円である。後、数週間で適用になったのに。


DSC00372s_20130724150102.jpg
御門から、三渓の住居であった内苑へ
ここより外は外苑と呼ばれて、当時から一般に開放していた。



DSC00378s.jpg
臨春閣
元は紀州藩初代徳川頼宣が建てた書院造りの別荘。

畏れ多くも御三家の別荘を自分の庭に移築して住むという発想が凄い。




DSC00380s.jpg

DSC00394s.jpg
臨春閣と庭は、屋根付きの橋で繋がっている。



DSC00382s.jpg
聴秋閣。
二条城内に家光が造らせ、春日局に下賜された。
臨春閣を金閣になぞらえるなら、こちらは銀閣だろうか。


DSC00385s.jpg
こちらも水の流れが引き込まれている。



DSC00396s.jpg
三渓が造らせた、蓮華院
カミさんが、「かぐや姫の里」と宣うた。


DSC00355s_20130724150100.jpg
白川郷の合掌造り。
ダム湖に沈む地区にあったので、依頼されて昭和35年に移築したという。
飛騨の三長者と言われた家で、普通なら切り妻になっている側が書院造りになり、縁台が設けてある。
白川郷に現存する建物に、このような造りのものは無い。


DSC00354s_20130724150058.jpg
三重塔の先に展望台がある。
元の建物は空襲だか、関東大震災だかにやられて現存しない。

横浜港の、「港が見える丘」とは背中併せの京浜工業地帯側が見える。
今はタンクが見えるが、かってはこの崖の下が波打ち際だった。


[NEX-5R+SELP1650]




関連記事


コメント

  1. かずさん | URL | -

    Re: Re:横浜 三渓園

    Bigboyさん

    散歩番組でよく見る場所だったので行ってみました。
    大金持ちの散財かと思っていたのですが、映像は実物の素晴らしさを捕らえ切れておりませんでした。
    建物に合わせて造園されているようで、和の美の極致を感じます。
    再訪されたら、小学生の時には味わえなかった素敵な時間をすごせると思います。

    前出の「山手本通り」に続けて行ったので、いささか疲れました。


  2. Bigboy | URL | qbIq4rIg

    Re:横浜 三渓園

     懐かしい場所です。三渓園は小学校2年性の時遠足で行きました、かれこれ60年近く前の話ですが。前出の京急 南太田駅の直ぐ近くの山の上の小学校でしたので、多分 徒歩で言った記憶があります。 三渓園自体は多分当時とあまり変わっていないでしょうが、周辺の風景は大規模な埋め立てにより完全に変わり果てています。 当時は三渓園は砂浜に接し園内見学より浜辺で水遊びをして砂だらけになり、付き添いで来ていた母親に怒られた事を思い出しました。
     今では産業道路と工場地帯の内側にぽつんと取り残されたような状態ですが、本来は 遠浅の綺麗な海に臨んだ眺望の素晴らしい場所でした。もっとも子供でしたので、海で遊んだ記憶は残っているのですが、肝心の三渓園は全く記憶にありません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1838-b1f875d7
この記事へのトラックバック