ガス漏れ点検

2013年08月29日 17:06

ガス会社から3年に一度のガス漏れ点検に来た。

マイコンメーターのランプでガス漏れのない事を確認して貰って、
予定通り、敷地内への立ち入りは拒否した。

理由
長期的には、年寄りだけの所帯になりつつあるので、基本的に知人以外は家に入れないようにしている。
短期的には、前回の係員の、家の隅々まで見て回るのが当然のような態度が不愉快だった。


大手の都市ガス会社のガスメーターはマイコンメーターに変わり、屋内配管でのガス漏れはそこで検知できる。
これは、ガスメーターを道路から見れば済む。
なので、今回も法定のガス漏れ検査には何ら問題が無い。


問題は、ガス会社が検査項目に、使用ガス機器の型番チェックを入れて来た事。機能や耐用年数が一発で判る。
これだと、ガス器具を探し出すために家中回れる事になる。
敷地内へは、警察でも捜査令状が無ければ立ち入れない。ましてやガス会社の下請け会社の社員なんぞにプライバーを侵害されたくない。


各家庭で使われているガス器具のデータベースを作って、営業施策に生かしたいのは明白だ。
使っているのと同種類のガス器具の広告や、リースの勧誘が次々に舞い込む事になる。

東京ガスはそこまでしないのに、大阪ガスは流石に商魂たくましい。



PS. マイコンメーターでなくてとも、検査を拒否してかまわない。検査義務があるのはガス会社で使用者には無い。法令でも、立ち入りを拒否された場合は、周知だけして検査は中止して良い事になっている。






関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1852-3a9aeae5
    この記事へのトラックバック