甲状腺機能異常

2013年09月30日 09:18

息子のような症状を、パゾパニブを使っている方のブログで見た事がない。
心臓の脈拍異常で休薬にまでなるというのも、聞いた事が無い。


症状は甲状腺機能の低下と亢進の両方が出ている。
甲状腺ホルモンの分泌は脳下垂体から出る甲状腺刺激ホルモン(TSH)でコントロールされる。
心電図でST-T異常が出て即休薬になった時も、TSHが高くて甲状腺ホルモン分泌が低下していた。
しかしその翌朝、体調が悪くなって夜中の4時に急患で病院に駆け込んだ時にとった心電図は正常に戻っており、TSHも基準内に収まっていた。
昨日の血液検査でもTSHは問題ない値だった。
しかし休薬の直前まで、TSHは正常と異常の間を往復していた。


パゾパニブの直接の副作用ではないが、パゾパニブの副作用→甲状腺機能異常→心電図のST-T異常という図式が浮かんでくる。治験データでは甲状腺機能異常は7.1%と、メジャーでは無いが比較的高い出現率である。

TSHで甲状腺の分泌が増えると、亢進の症状が出て異常な発汗になるが、TSHが減って甲状腺の分泌が減ると低下の症状に変わる。しかしオーバーシュートしてしまうので、再び増加に転ずる。このシーソーが続いているのでないかと思う。その後もまた体調不慮になったかと思えば24時間後には正常に戻ったりしている。


パゾパニブは体外へ排出されている筈だ。ホルモン系が撹乱されて収束に時間がかかっているだけなのか、それとも僅か50日の使用で甲状腺に恒久的なダメージが有り、その症状が出ているのか。
後者なら、もうパゾパニブは使えない。それどころか甲状腺を治療しなければ症状が治まらない。

満を持して送り出したエースが一回も保たずにノクッアウトされたようなものだ。
50日間の使用の対価としたら、副作用と呼ぶにはあまりにも大きい。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1869-1facfe93
    この記事へのトラックバック