Nexus7(2013)   tips

2013年12月27日 12:55

その1.u-mobileのSIMの速度は、速い時で2Mbps程度で 遅いと200kbpsまで落ちる。
    通信量の上限に達していないにも拘わらず。(横浜市南区)

2Mbpsは何とか使える速度だが、200kbpsでは全く使いものにならない。
また、その日の最初のアクセス時に遅い時は一日中おそい。
速度に波があるのは、ポイントにアクセスする順位が低く設定されているのではないだろうか。
キャリアーのユーザーが多い時は、一日中遅い速度でのアクセスに設定されてしまうとか。


その2.スマホで直接繋ぐよりテザリングでNEXUS7を使う方が快適。
    開発者向けオプションを入れると更に速い。

SHL21が1年前の機種という事もあるのだろうか。同じ速度で繋がっているはずなのに、
テザリンクで使っている方が画面の切り替わりが早い。



その3.ノートパソコンとテザリングする

2.とは逆のケースでNEXUS7で繋いでノートパソコンで見るというスタイルもOKだった。
ノートパソコンをモバイルルーターで使用するのと同じで、大画面で見てマウスを使用できる。



その4.五月蠅いフッターのCMや追尾型の移動CMから逃れる方法。

自分のブログの表示設定を変更したり、java striptを走らせるアイデァが出ているが、
ブラウザーの右端のオブションをタップして、メニューから「PC版サイト」に切り替えると、
簡単に移動型やフッターのCMを消せる。
「外部ブラウサー」というオプションの事もある。この場合にもそれを選ぶと、
更に「PC版サイト」のオプションが出てくる。

     P1000542s.jpg


その5.日本語入力はWnn Keyboard Labがお勧め。

オムロン製のソフトのようだ。defaultのiWnn IMEでは、候補が思ったように出てこない。
これだとオプションの入力拡張プラグインを「使う」にするとを外部変換を使える。
キャリアのスマホや携帯のように、辞書に無くてもネットに接続してより適切な候補を探してくれる。


その6.Midi に対応していた。

.midファイルをタップすると鳴り出した。
PCページのプラグインには対応していない事が多いのに、これは驚きだった。
.rcpや.r36にも対応できるのだろうか。tmidiやtimidityのandroid版があれば良いのだが。





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1899-16d2794e
    この記事へのトラックバック