兵庫県立西宮病院

2014年03月10日 11:36

西宮市は、大阪と神戸の丁度中間に位置し、ベッドタウンとして人気が高い。
兵庫県では姫路市に次ぐ人口3位、約50万の中核都市として年々人口が増加している。
隣の芦屋は高いけれど、西宮なら何とかなるという事だろうか。

病院は2号線と43号線に挟まれた地帯で、JRと阪神が近くを走り、阪急も山裾を走っているという交通至便なところである。
入っているのが11階のせいかノイズは上がってこない。

市庁舎に隣接する建物は、外観はなかなか立派だが、横浜市大センター病院と比べると明らかに一世代古い。
天井でエアコンがガクンと音を立てて止まり目が覚める。そろそろ建て替えが検討される時だろう。
個室料金は横浜より数千円やすいが、それでも高すぎる。


建物と違って、スタッフは感じが良い。

日曜日でも、ナースコールするとすぐ来てくれる。それも「どうしました」ときかずに。
コールだけで来てくれたのは、横浜でも呼吸器センターだけだった。

規則では、1泊の外泊たが、医者がOKなら2泊でもOK。検査もないのに病院に居る必要はないという合理的な判断だ。

廊下で出会った主治医にいろいろ質問しても、気さくに答えてくれる。


見晴らしは中々いい。

DSC_0018bs.jpg
デイルームから山側を見れば、真下を国道2号線が、ワンブロック隔てJRの複々線が見える。
住宅が六甲山系の中腹まで拡がっている。


DSC_0012bs.jpg
海側は屋上が駐車場になった阪神西宮明駅が直ぐそこにある。
向こうに明石海峡大橋の橋桁が見える。



DSC01380ds.jpg
反対の窓からは大阪の高層ビルまで見通せる。


DSC01376s.jpg
これは甲山(かぶとやま)。
遠い昔、ハイキングに行った時には気が付かなかったが、成る程ここから見れば兜の形をしている。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1949-68a99a9e
    この記事へのトラックバック