在宅看護

2014年03月24日 09:51

3/16

医者が居ない事には薬が手に入らない。
まだ先と思っていたが、こんな状態が続くようでは在宅看護で医者に来て貰わないといけない。
ネットで探すも、多くは高齢者の看取りでガンの疼痛管理が出来そうな所は少ない。
見つかっても、往診エリア外だったりする。


今日は浣腸した。
便秘が一週間続いている。前日から強力な下剤を入れているのだが出ない。
効きすぎて、夜までトイレを何度も往復する羽目になった。
それまで左脇腹が痛くて、横隔膜にくっついている転位腫瘍が大きくなってきたのかと思っていた。それが無くなった。宿便が悪さをしていたようだ。


午後になると、足の痛みが強くなる。
フェントス12mg とオキシコンチンは少し減らして60~70mgでやっている。
処方されたオキシコンチンの量では、眠ってばかりで食べられないし、麻薬は益々食欲を低下させる。



3人で寝るようになって、3日目から2日連続で私が大声で寝言を言ったものだから、自室へ追放になった。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1954-fa5fe04e
    この記事へのトラックバック