驚異のステロイド

2014年03月25日 09:59

3/17

尿が出やすい薬を飲んでいるが、尿閉が続いている。
フェントス、オキシコンチン、オキノームと3つも麻薬を使っているのに痛みが取れない。


明後日、19日は放射線の為のマーキングが予定されている。
最低15分はじっとしていなければならないが、静止はおろか通院さえ難しそうだ。


体調の良かった外泊時にはステロイドを飲んでいた。
偶々、神経痛の痛み止めの頓服として開業医から処方されていたステロイドが残っている。
病院のはデカトロンで、こちらはリンデロンのゾロ品のベタメタゾンだが、ハンドブックによると力価は同じである。
病院の処方は一日8錠、4mgだったが、その半量を昨日のお昼と今朝飲ましてみた。


昨夜は痛みもなくよく眠れたという。
更に午後3時頃から体調が一変した。
アニメの録画をチェックしたり、視聴するまでに気力、体力とも回復した。
フェントスの張り替えを忘れても気が付かない。
痛みがなくなったら尿閉も治った。
食欲も出てきた。1500kcalは無理だが、生命維持に必要な600kcalぐらいは食べられるようになった。



入院や点滴の必要はなくなった。
2mgを2回摂取しただけなのに、ステロイドってすごい。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1956-5495b85d
    この記事へのトラックバック