オキシコンチン

2014年03月22日 10:03

3/13
 
3/10の緊急受診から3日目だが予定通り、主治医ナラケイ先生受診。
尿は導尿しないと出ないし、痛みも抑えられていない。
駐車場の入り口から病院の入り口までの数十メートルの距離が歩けない。


採血の為病院に着いたのは午後2時。
検査の1時間を見込んで3時の診察予定だが、ナラケイ先生が午前の診察を終えて出てきた2時20分。
こりゃ待たされるわと思っていたら、案の定、病棟の回診を終えて帰ってきたのは4時だった。
その間、息子は処置室のベッドで横にならして貰っていた。

それでも診察時間は充分取る(だから余計に時間を食ってしまうのだが)から、患者の評判は悪くないようだ。
今日は、なんと1時間の大サービスだった。
尤も、一本指でやる電子カルテの入力に時間がかかり、その間ずっと話を続けているから時間が長くなってしまうのだけれど。
指も笑顔での会話も止まる事が無いし、指示は正鵠を射ている。ひょっとすると凄いIQの持ち主? 明るくなった左門豊作のイメージ。


疼痛緩和にはオキシコンチンを朝80mg、夜40mgが追加された。日本薬局方では80mg/dayがリミットだけれど、
医者はその1.5倍まで処方する事が許されているらしい。いきなり目一杯の麻薬だ。

フェントステープは6mgx2の12mg/dayになった。

さらに痛む仙骨へ、疼痛緩和の放射線照射をする事になった。
10日間連続になるが、どうしても入院が嫌というので通院でお願いした。
今の状態では、とても10日間続けられとは思わない。もしギブアップしたら入院する事にした。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1957-64b34f26
    この記事へのトラックバック