急転直下 症状悪化

2014年04月01日 23:04

3/31

閉め切った息子の部屋から時折叫び声が聞こえる
ものを投げつけるような音もする。

放射線が効いて調子が良かったのに、日曜日の夕方から急に調子が悪くなった。
やむを得ず今日は放射線治療を休んだ。




週末、身体を動かしても痛くなくなったので、次の抗がん剤治療の前に体力を付けようと、家の中を歩いたり階段の上り下りをしていた。

すると48時間後に急に尾骨が痛くなってきた。仙骨や太股の付け根も痛い。

放射線の効果ががあって、ステロイドもオキシコンチンもフェントステープもやっている。
なのに、なんで痛みが??!!

小便も出なくなった。元の木阿弥だ。




一生懸命やっているのに、畜生何でこんな事にと、八つ当たりしたくなるのも無理はない。

代われるものなら代わってやりたい。



それでも明日は放射線治療を受けられるようにと、眠剤を飲んで、午後8時前に早々にベッドに入った。
夜中に目が覚めても何とか睡眠時間を確保して、コンディションを整えようと考えたのだろう。
(実際、今日4/1には、何とか治療に行った)


治らない病気で、癌でも最も痛い脊椎神経の痛みがある。
精神的にも、肉体的にも辛い思いを毎日している。
もっと私達に当たり散らしても不思議ではない。
それでも、なんとか自分で自分をコントロールしようとする。


立派だよ、お前は。

父さん、こんな息子を誇りに思ってるよ。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1963-968f6ccd
    この記事へのトラックバック