ダカルバジン 2クール目の副作用

2014年05月02日 19:35

体調が悪かったり、疼痛緩和の放射線で延びていたが、再び抗がん剤をやる事にした。
少しでも増殖を抑えられて痛みが緩和できたらと、治療より緩和ケアが狙いだ。


前回同様4日又は5日連続投与を外来でやるかと思ったら、週に2回というスケジュールだった。
入院と外来ではやり方が違うのか。それでも効く人には効くという。
量も前回は200mg/m2とマックスを投与していたが、今回はトータル100mgと1/3以下だった。

一ヶ月半のブランクの間は、あの手この手の緩和ケアばかりしていたのだから、
これ位弱めないと保たないと判断されたのだろう。我々もその方が有難い。



4/15(火) 外来なので、診察の後、2階のケモ室で点滴した。今回は毎回点滴の前に診察をする。
      出入りする患者さんは皆元気そうで、車椅子は息子だけだった。


病気と関係の無い話だが、阪神高速が先月と打って変わってガラ空きになっている。
特に帰りは3号神戸線が海老江から阿波座まで3車線→2車線→1車線と車線数が1/3になるという、クソ設計になっているのだが、
そこもスイスイ走れる。狂乱の増税特需の後、物流界も一息ついている。通院には有難い事だ。


閑話休題
4/18(金) 2日あけて2回目。

     1クール目では3回目までは副作用も出ず全くピンピンしてたのに、今度は全身が怠いらしい。

  
4/21(月) 3回目の予定だが体調が下降気味なので、今日は薬だけ貰って帰っても良いよ言いながら家を出た。
      だが、先生はやろうかという。
      今日を逃すと先生の都合(日本消化器病学会総会?)で来週の月曜日まで一週間空いてしまう。
      体調の悪化には目をつぶって賭けてみる事にした。
   
      ケモ室まで車椅子を押していったが、息子はこころなしか、しょんぼりしているように見えた。

4/22(火) 異常なし。毎回ステロイドを点滴に加えている所為か吐き気も無い。

4/23(水) 朝、いつまで経っても起きてこない。
      副作用の筋肉痛で右の太股がちぎれるように痛いのだという。
      ステロイド、リリカ、オキシコンチン、オキノームに漢方薬と、ありったけ服用した。
      ようやく昼頃にはオニギリを食べられるくらいになった。
 
      ところが夜になって、薬が切れるとまたぶり返してきた。
      尿閉が続いている。導尿するのも辛そうだ。
      いつになったらこの副作用が消えてくれるのか。


4/24(木)  朝、筋肉痛が更に酷くなった。
      パニックの一歩前まできている。
      ステロイドやオキシコンチン、リリカは効いていないようだ。
      ビタミンB6、B12が効くという文献がある。アリナミンも飲んでいるが即効性は無い。
      
      ひよっとしたら心因的要因で痛みが増幅しているのではないか。
      整形外科でよく処方されるボルタレン座薬+デパスという古典的処方でようやく痛みが緩和した。
      
      
4/25(金) 夕方まではまずまずだったのに、夕食後急に激しい腹痛と右足の筋肉痛が出た。
      おかしな物は食べていないので腹痛はダカルバジンの副作用だ。
      吐き気もあるので飲み薬の鎮痛剤は使いにくい。
      座薬も昨日のようには効いてくれない。

      とにかく腹の中のモノを出そうと下剤を飲ましたり、使い捨てカイロをタオルに巻いて、
      痛い足を温めたりした。
      何が効いたのか判らないが、11時頃になって少しましの状態になりウトウトしだした。
      麻薬系の鎮痛剤と眠剤でようやく眠りについて呉れた。

      月曜日の抗がん剤の副作用が金曜日になって顕れるとは。

4/27(日) 午前4時頃から再び足の筋肉痛が出て眠れなかった。
      幸い腹痛は無かった。
      ボルタレン座薬が効いて痛みが引いた。

      夕方になって再び痛みが出たので、再度使用した。
      座薬の効果が12時間しか続かないのだろう。



血管痛と吐き気という主たる副作用はコントロールできているのに、頻度不明、伏兵の腹痛や筋肉痛にやられるとは全くの想定外だった。
同じ抗がん剤でも副作用の出方は、人によって、また投与時の状態の良し悪しによって大きく違う。
抗がん剤は「毒」だ。副作用などと誤魔化しているのは日本だけで、国際的にはtoxicity「毒性」と記載されている。
毒を飲んでも回復するだけの体力があれば延命の可能性がある。
腫瘍が縮めば、それによる症状も軽くなる。しかし、その反対なら確実に命が縮まる。
抗がん剤の投与はマニュアルで標準化できるものではない。


28日、月曜日に予定されていた4回目の抗がん剤はスキップになった。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1975-30131b3f
    この記事へのトラックバック