病院のトイレで倒れる

2014年05月29日 13:43

今日が最後の放射線の日だった。

待ち時間の間にトイレへ入ったがなかなか出てこない。
声をかけると「やばそう」という返事が返ってきた。
すぐに備え付けのボタンを押して、スタッフに来て貰った。

バイタルを計ると血圧が70以下だったので、直ぐにストレッチャーで処置室へ運ばれ、血液検査と点滴をした。
ろれつが回らない(オキシコンチンの所為)し、異常な低血圧、主治医は今日から一週間不在とあって病院も慌てていた。
幸い血圧の降下は一時的なもので、10分程頭を下にして寝ていると元に戻ってきた。
血液検査の結果も先週から大きく変わってないという事でOK。
直ぐに血圧が戻ったから良いようなものの、そうでなかったら脳のCTを取って救急のICUへ入れられる所だった。


普段から、トレイが長いと右足が痛みだし、気分が悪くなり全身が怠くなっていたという。
家ならすぐに自分のベッドに戻れば良いが、外出先ではままならない。

結局ストレッチャーのままで放射線室に行き、点滴が終わってから帰宅した。


今後は通院するにも調子を見て、悪ければスルーしなければなるまい。
在宅で外来緩和ケアを続けるのが難しくなってきた。



P1010462s.jpg
エゴの花が全部落ちたら、山法師の蕾が開き出した。

[GX7+VARIO 35-100mm/F2.8]






関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1989-be67dbf9
    この記事へのトラックバック