限度額は自由に増やせる~クレジットカード見直し④

2014年06月11日 10:20

クレジットカードを変えるのは、そのカードにメリットがあるからであり、チェンジすれば直ぐに毎月定額で請求される公共料金や税金を、そのカードで払ってしまいたくなる。

ところが楽天カード等の審査の甘いカードは別として、大抵「お始め」は50万以下になる。
カード会社は給与とか公的年とか、確実な収入しか評価していないようで、幾ら個人年金や金融資産の配当、資産額を挙げてもカウントしないようだ。カミさんに仕事を辞めてからカードを作らせたら、20万のお情け枠しか貰えなかった。


支払いは翌月末あるいは翌々月初めになるので、それまで限度額は戻らない。
結局50万の限度額でも、平均すれば毎月25万しか使えない。
これだと何かあった時の用意にサブカードを持っていなくてはならない。
限度額増額を申し込んでも、使用歴が短いと却下されてしまう。

そこで「早期繰り上げ返済」という手がある。
請求額が確定するまでに電話で申し込み、カード会社の指定する口座に振り込む。
手数料は無料で振り込み手数料のみこちら持ちだが、同じ銀行のダイレクト口座を持っていれば無料で振り込める。引き落とし口座と別口座からでも構わない。
カード会社は振り込み人名と金額で確認するようだ。

限度額は振り込みが確認されれば直ぐに回復するし、勿論ポイントも通常通り付く。
通常月より多くの支出が予定されている時にはこの手で限度額を空けておける。
回数に制限は無いようなので、理論的には限度額は幾らでもオーバーして使う事ができる。(ただしカード会社側がこの事をどう捉えるかは、明確化されていない。あくまで自己責任での話だ。)

それに限度額を越える大きな買い物や海外旅行の時に、臨時的に限度額を上げて貰うという手もある。合わせて使えば、少ない限度額でもメインカードとして使っていける。





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/1993-4932c713
    この記事へのトラックバック