看護日記

2014年06月30日 10:53

6/26
薬を増やせば痛みを感じなくなるが、失うものも多い。
生きて行くには何か楽しみが欲しいという。
けれど、食べたら直ぐに腹が張ってくる。
さりとてゲームどころか、アニメを見ても漫画を読んでもストーリーが頭に入らなくなったという。
モルヒネの濃度と一日の絶対量の話をしてもサッパリ判らない。完全に麻薬中毒だ。

眠っているしかない。
つらい。何の為に生きるのかと問われる返答に窮する。

午前中眠っている時間が長くなってきた。
午後からは正反対で全く眠らない。
20:30頃やっと眠った。この後目を覚ましてから眠剤とのロヒプノールとテトラミドを飲ませる。

6/27
会社から特許の発明者のサインを求めるメールが来た。代わりに返信したが、向こうで判ると言っても、こちらの住所を入れておけと言ってきかない。几帳面な性格なので、傷病手当金の書式等、細かい事を気に病んでいる。
自分でも開き直ると言っているのだが。

モルヒネの送出量を0.7→0.9に増量。
(1100mg/48ml)x0.9mlx24hrで一日のモルヒネ量は495mgになった。
多根病院では、注射と飲み薬を合わせて300mgだったので、1.65倍になった。
怠いのが、少しでも楽になれば良いが。

2日位で薬が切れるので、夜になって80mlのタンクに付け替えた。
医者が又薬を濃くしてきて、これまでの0.9が0.55に当たるという。
ここを0.6にした。耐えがたい痛みでは無いのに、どんどん薬が多くなってくる。

右足を軽く上下に振って貰うのがお気に入りだが、子供が親に抱かれて眠るのに似ているという。
あれは人の手だから良いので、今も人の手で触って貰うから落ち着くのだと。
故に「新兵器」はボツ




関連記事