ル・カルネ・イナシュヴェ/ジョルジュ・パッチンスキー・トリオ

2014年07月22日 14:23

carnets.jpg
[キングインターナショナル/Arts & Spectacles KKJ110]

これは寺島靖国氏が2013年のベストレコーディングに押しているアルバムだ。
これまでは寝室の小型コンポで聴いていた。
一応300Bシングル真空管アンプであったが、温和しくスローバラード調の曲が続くアルバムという印象だった。
安原顯とPCM放送でガンガンやっていた頃に比べたら、寺島靖国も歳取って丸くなったなあと思った。

ところが、タンノイヨークミンスター+RCA50シングル真空管アンプで聴いてみると、低域にぐっと帯域が拡がった。
更に、本ちゃんの4アンプマルチで聴いてみると、印象が以前とはガラリと変わった。
ベースがブンブン鳴っている。
スティックで叩くシンバルが真鍮の厚みと重さを感じさせる。
その間にピアノが丁度良い響きで割って入る。
基本線はギンギンバシバシなのだけれど、響きに奥行き感があって、音の空間の中で各楽器に実在感がある。
成程、これは寺島氏が押すハズだ。

このCDは聴く装置の大きさで評価が全く分かれる。
30センチウーファーのヨークミンスターでもまだ物足りないから、16センチサブウーファーの2.1ch位では良さは全く伝わってこない。
音楽評論家と称する人の中には、許某のようにカーステレオや小型ブックシェルフで聴いて評価を下す人も居る。
昨今のクラシックはコスト面で採算が厳しく、ゲネプロをライブ録音として出す事が多いからこんなCDは出ないけれど、
編成の少ないジャズでは、レコーディング・エンジニアがポリシーを全面的に主張してアルバムを作る事も可能なようだ。





関連記事


コメント

  1. かずさん | URL | -

    Re: 限られた音楽

    Ryouさん

    1年半ぶりの自分のメインシステムは新鮮でした。
    以前のように小型システムと日常的に行き来していたら、これ程の際だった差にも気が付かなかったかもしれません。
    人は実際には出ていない低域や高域を、頭の中で補って再生してしまいます。
    でないとベッドフォンでマーラーを聴けません。
    「音楽」を聴くにはその方が良いのかも知れませんが、新しい音を発見する事はできません。
    音から音楽に入る我々「素人」には、チャンとした装置がないと正当な評価が出来ません。
    アルバムの意図された音楽を知る事ができません。


    > せめて、近場でもいいのでもっとライブを聞こうと思いました。
    それは非常に良い事です。
    そしてコンサートホールの席による音の違いも是非実感して下さい。
    平戸間の前方と後方、バルコニー席、全然違います。これもやっぱり低音が・・・。

    どれが「本当の音」なのか訳が分かりません。
    ひょっとして指揮者しか本当の音を聴けていないのか、。いや彼さえも・・・・・。



  2. Ryou | URL | POAirCv2

    限られた音楽

    かずさん、お久しぶりです。

    私の部屋にはCDが山と積み上がって、CDボックスも大分ふえましたが、かずさんのお話しを読んで、改めて、自分が限られた範囲内での音楽しか聴いていないんだ、という思いを新たにしました。
    私は楽器の演奏はしませんし、音楽機器は小型のコンポ。ライブはめったに聞けません。
    貧弱なコンポなどでバッハのカンタータなど聴いて、CDが可哀想になってきました^^;
    せめて、近場でもいいのでもっとライブを聞こうと思いました。

  3. かずさん | URL | -

    Re: Re:ル・カルネ・イナシュヴェ/ジョルジュ・パッチンスキー・トリオ

    まほろばさん。   

    小型SPは低域の量を出せません。全体のバランスを崩してしまう事があります。
    それを分かって使う事が必要です。

    > この事は、カメラ+レンズにも当てはまるような気がしました。
    > レンズは、差し詰めSPでしょうか?
    まほろば流の写真理論。楽しみですね。



  4. mahoroba | URL | /5lgbLzc

    Re:ル・カルネ・イナシュヴェ/ジョルジュ・パッチンスキー・トリオ

    かずさん、こんばんは。

    今日も蒸し暑い一日になりました。

    切れのある演奏を、克明に録音されたCDは、再生装置のレベルに
    よって、それなりに再生されますか!
    かずさん宅の再生装置と部屋の広さでは、十分に比較できますね。

    この事は、カメラ+レンズにも当てはまるような気がしました。
    レンズは、差し詰めSPでしょうか?
    刺激をいただきましたし、まほろばの部屋でも、システムに灯を
    入れたいものです。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2016-9eb13551
この記事へのトラックバック