恐山のイタコ

2014年08月27日 10:51

学生の時に一週間程東北地方を廻った事がある。中尊寺へ行き毛越寺で泊まり、八戸の蕪島神社も行った。
義経北行伝説は高木彬光のジンギスカンは義経だったという小説で知り、竜飛の三厩まで行った。
親子で同じような事をしているなあ。
(http://fugaku2.blog74.fc2.com/blog-entry-2030.html
http://fugaku2.blog74.fc2.com/blog-entry-2037.html)

下北半島の恐山も行った。硫黄が吹き出す景色にイタコの口よせ、賽の河原と、この世のものとは思えない風景だった事を鮮烈に覚えている。

あの頃は懐疑的だったが今は真偽なんてどうでも良い。恐山に行って息子を呼び出してもらおうと思っていた。

しかし、当時は数百人もいたイタコも今は10人程度で、絶滅が危惧されているようだ。
下北にも在住していないらしいし、これでは祭りに日に行っても、大行列でとても話を聞いていられないだろう。

最後のイタコ という方に別途お会い出来れば良いのだが。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2044-39803979
    この記事へのトラックバック