コンタックスGをオートフォーカスにするアダプター~TECHART TA-GA3 (2)

2014年09月08日 10:38

P1010646s.jpg
NEX-5Rに取り付けて、電源をONにすると、マニュアルモードになっている。(右下)


P1010649s.jpg
シャッターを半押しすると、カメラの設定どおりにフレキシプルポイントを選択できるオートフォーカスになる。


P1010651s.jpg
マニュアル/オートはアタプターを付けるとカメラから選択できなくなっている。


DSC01497s.jpg
Biogon 28mm レンズの絞りは開放のF2.8にした。
換算42mmだが、最短距離が50cmなので近づけるレンズではない。
左上の青のリンドウをフォーカスポイントに選んで、オートフォーカスで撮った。合焦しているようだ。
Pモードでカメラの絞りもF2.8に合わせた。EXIFではF2.8 1/125sec ISO1000となっていた。



P1010654s.jpg
ちなみに生花全体はこういう感じ。


DSC01503s.jpg
Sonnar 90mm T* も開放のF2.8で撮った。こちらの最短距離は100cm。
100cmギリギリで上と同様にリンドウにフォーカスを合わせたが、後ピンになっていてボケている。

P1010650-1s.jpg
アダプターにローレットを切った小さなつまみがある。これを廻してマニュアルフォーカスを合わせる。
廻すと、カメラ側の表示もマニュアルモードになる。フルタイムマニュアルのレンズを使っているのと同じ操作性だ。
KIPONと違って力は全く要らない。指一本で軽く回って、NEX-5Rの拡大画面から楽にピントを再調整できる。


DSC01504s.jpg
調整後。
オートフォーカスの微調整機能が付いているが、レンズ毎の設定はできないので、
Sonnar 90mm T* はマニュアルで補正が必要という事になる。
EXIFではF3.2 1/200sec ISO2000となっていた。
望遠マクロ的な使い方だったので厳しい結果になったが、風景ならオートだけで使えるかもしれない。








関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2050-a7deffc5
    この記事へのトラックバック