ソニーα7S ILCE-7S~期待と失望(1)

2014年09月11日 10:38

「小型フルサイズ」「超高感度」に反応して、Eマウントフルサイズ機α7sをポチッてしまった。

[重量]
juryo.jpg
実際スペック上、APS-C機のα65より軽く、EマウントのAPS-CであるNEX-5Rより200g重い。
(Aマウントでもα99と65は重量で約200gの差がある。)

[大きさ]
DSC02065-1s.jpg
左からNEX-5R、Lumix GX7、α7s

DSC02076-1s.jpg

DSC02084-1s.jpg
NEX-5Rと比べると2マワリくらい大きいが、GX7とはペンタ部が無ければほぼ同じくらいの大きさである。
幅はGX7が122.6mmで、α7sは126.9mmになっている。マイクロフォーサーズ並みの大きさと云う事もできる。


[バッテリー]
DSC02058s.jpg
バッテリーが2個同梱されていて、チャージャーも付いている。充電の度合いを3段階表示できる。
NEX-5Rと同じバッテリーで、従来同様本体に入れたままでの充電もできるから、2個同時に充電できる。


[LA-EA4]
DSC02088s.jpg
レンズが少ないからAマウント用のアダプター、LA-EA4も買った。
左がLA-EA4で右がAPS-C用のLA-EA2。ミラーの大きさが違う。外寸は同じだが重量は軽くなって160gになっている。

α7sと合わすと649gで、AマウントAPS-Cのα65と同じくらいの重さになってしまう。


[カスタマイズ]
ボタン以外にも、GX7のクイックメニューと同じような、12の機能を割り付けられるファンクションメニューがある。
しかし、このメニューにもどのカスタムキーにもサイレントシヤッターを割り付けることができない。
GX7は出来たのに。
多分α7の他のモデルにはサイレントシヤッターが無いから手を抜いたのだと思う。
ファームアップで簡単に修正できるはずだが、ソニーは改めようとはしないだろう。

他にファインダーと液晶の切り替えも、GX7では専用ボタンがあったのに、メニュー以外から切り替える事ができない。

瞳オートフォーカスはアダプター経由では「このレンズでは使えません」と蹴られる。

更にMFアシスト機能がEマウントレンズ限定になった。
C1ボタンで拡大のオンオフや倍率を選べるから、自動的に切り替わらなくても問題ないが、
これまではマウントアタプター経由でもOKだった機能を何で手間かけて外すのか。
せっかくフルサイズオールドレンズの母艦として人気が出てきたというのに。理解に苦しむ。

本当にEマウントならできるのかと試しに、SEL1670Zを付けてみた。
望遠端ぐらいは使えるかと思っていたが、全域で蹴られてしまった。
DSC02094s.jpg
しかし見た目のバランスは非常に良い。右はGX7用の高倍率ズームレンズでほぼ同じ大きさだ。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2051-fdceb1cd
    この記事へのトラックバック