天空の城竹田城

2014年09月29日 10:17

5年前に但馬(もうこの断り書きは不要)の竹田城へ行った。
あの頃はまだ、知る人ぞ知る写真撮影のスポットという位置づけだったが、今や押すな押すなの大盛況らしい。
その時の写真を再編してみた。


DSC00848s_20140919070850b3e.jpg
「竹田城山門」とあるが、これが駐車場の出口。
今や満杯になるという事だが、車は一台も停まっていなかった。
朝8時半だったので早すぎたのか?

DSC01004s.jpg
城へは一旦この階段を下りる。
頃は4月半ばで、桜が散り始めていた。


DSC00854s_20140919070851e54.jpg
車は総て城跡へ上がる階段の下に停められていた。ズルいが何時も同じようなメンバーなのだろう。
朝霧の中の城を撮った常連さん達が降りてくる。
口々に「今朝は駄目だった」と言っている。
何度も通わないとそうそう良い写真は撮れないのだろう。


DSC00876bs.jpg
ここから4枚は本丸・天守台への道。
城跡に模擬天主を立てるところは多いが、ここでは石垣だけが保守されている。

DSC00971s_201409191221237d6.jpg


DSC00875s.jpg


DSC00861s.jpg
タムロンの10-24mmという超広角ズームの使い始めだった。
余計な空や地面、が多く入ってしまった写真が多い。前回はボツにしたが、今回はトリミングして使用した。
四隅の流れもついでに取れてくれた。


DSC00932s.jpg
前回も掲載したが、本丸跡にテントを張って一夜を過ごしたカップル。
相当神経の太い人たちだが、流石に今はもうできないだろう。



DSC00892s.jpg
本丸から城塞の南翼(南千畳)を望む。
僅か2万2千石の赤松広秀に、どうしてこんな巨大な山城が築き上げられたのか。
そういえば、6年前に行った相良藩の人吉城も同じような石高の小藩なのに、大きな縄張りの城だった。
(この頃はまだADSLが主流で通信速度が遅かったので、サムネイルを使っている)


DSC00957s_201409231103221ed.jpg
眼下に川筋や街道を一望にできる。JR竹田駅も真下にある。
播磨と但馬を結ぶ交通の要衝であった。


DSC00935s.jpg

DSC00947s_20140919072008fae.jpg

DSC00913s_20140919122122f7f.jpg
三の丸と北千畳を望む。
延々と石垣が続く。山城というのは天然の要害なのだが、その上に更に巨大な石垣を組んでいる。


DSC00950s_2014091907212860f.jpg
桜を撮りに行ったのか城跡を撮りに行ったのか分からないような写真ばかりになった。

人が居るといっても僅かな数だったので、荒城の春の趣を味わえた。
行列が出来てしまったのでは興醒めだ。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2063-9f054f2d
    この記事へのトラックバック