ベリンガーDEQ2496~Olasonic UA1 を活かす その(2)

2014年10月03日 10:00

DSC02179s.jpg

DSC02161as.jpg
ベリンガーのデジタルイコライザーDEQ2496を買った。
ベリンガーはドイツで設計し中国で生産している、コストパフォーマンスの高いオディオ機器を作っているメーカーである。
チャンネルデバイダーは当初RANEを使っていたが、モノラルモードで2台使う時に値段が安いベリンガーに乗り換えた。
安くて性能は良いが故障率は高い。中国で設計よりグレードの低いパーツを使っているからだろう。
電源くらいなら自分で修理するが、それ以外だと修理には出さずに買い換えてしまう。


この製品は別売りのマイクで室内の音響特性を自動で測定し、リスニングポジションでの特性をフラットに補正してくれる。
1/3オクターブ31ポジションで±15dBのゲインを動かせる。デジタルで入力しデジタルのまま処理して出す事ができる。
それ以外にも、ステレオの分離の幅をコントロールしたり、ダイナミックレンジを拡大縮小する等、非常に多機能である。
こんな高性能機が2万円台で手に入る。昔ヤマハが出していたデジタルイコライザーはこの10倍以上の値段だった。試してみない手は無い。


DSC02161bs.jpg
いきなり躓いたのは入力の設定。光でデジタル接続しても音が出ない。「I/O」メニューに入って「DIC IN OPT」に設定した。
マニュアルは同梱されないので、ダウンロードして印刷しておく必要がある。多国語の分厚いマニュアルのように嵩張らなくて良い。


carnets.jpg
ル・カルネ・イナシュヴェ/ジョルジュ・パッチンスキー・トリオのベースが不自然にならないギリギリの処まで低域をブーストした。

DSC02196s.jpg
125から63Hzまで12dB/octで上げて、50Hzでは+14dBとした。50Hz~25Hzはそのままゲインを保ち、20Hzは0dBにした。

DSC02195s.jpg
「BYPASS」メニューでイコライザーをオンオフして音質の差を聞き比べる。

DSC02169as.jpg
このままではゲインオーバーでクリップしてしまうので、「UTILITY」メニューからゲインを全体に10dB落とした。

25~50Hz間を14dB持ち上げた。ブックシェルフではどう頑張っても出ない帯域が簡単に出せるようになる。
テレビの音にそんな低音が入っているのかと思われるかもしれないが、

DSC02183s.jpg
これはピアノコンチェルトでジャンとやった時。音楽番組だから当然かもしれないが、

DSC02199s.jpg
バラエティ番組でも同じくらい低い音が入っている。
「ローカル路線バス乗り継ぎ旅」でのバスで移動中の時。バスのエンジン音や走行音が入っている。

DSC02208s.jpg
最も周波数帯域が広いのはアニメ番組だ。20Hzからしっかり入っている。最近のゲームも同じだろう。
「真面目」に再生しようとすると凄い装置が必要になる。
そういえば「あいつ」に、ゲームの音をタンノイヨークミンスターで鳴らしてやったら低域の凄さにビックリしていたっけ。

これだけブーストしても、アンプのブースト回路より低い低い帯域を弄っているので、ボンついたり台詞の声が変わってしまう事は無い。  
ただ周波数的には拡張出来ても、大口径スピーカーから出る量感を伴った低音と同等とは言えない。


複数の周波数を選んでピークを作る機能があるで、少し悪戯をしてみる。
ちなみに1つの周波数を選んでピークやディツプを作っても聞きわけることはできない。1/3以下の狭い帯域の変化を人間の耳は捕らえる事ができないようになっている。なのでスピーカーや部屋の特性を測っても少々のピークやディップには目を瞑って気にしない方が良い。
DSC02171s.jpg
2.5~4kHz。ここを上げると非常に五月蠅く感じる。人の声の違いが聞きわけられる帯域なのだろう。
この周波数域でスピーカーのネットワークを作るのは避けた方が良い。

DSC02172s.jpg
5~8kHz。トゥイターの受け持ち帯域になる。高音が出ているか、いないかを判別するのにちょうど良い帯域である。

DSC02173s.jpg
8kHz~12.5kHz。これ以上の帯域を上下させても大差は無い。

ハイレゾ対応として20kHzの高域を無闇に上げたスピーカーやイヤホンが出ているが、馬鹿な話だ。
ハイレゾはサンプリング周波数を上げて、時間軸を2~4倍に細かく仕切り、より細かい変化を捉えようとしている。
その結果としてローパスフィルターのカットオフ周波数をこれまで以上に高い帯域にできるが、これはずっと前からオーバーサンプリングとしてやっているで行われてる。ハイレゾだからといって、スピーカーの高域を伸ばすことに意味は無い。
ましてや、44.1kHzの音源のサンプリング周波数を上げたものを「ハイレゾ」と称するのは詐欺に等しい。


DSC02164s.jpg
レベルメーターは左端のLEDピークメーターとは別に色々な形式が選べる。アナログチックなVメーターにしているが、出ているのはあくまでデジタル信号だ。


関連記事


コメント

  1. かずさん | URL | -

    Re: Re: ベリンガーDEQ2496~Olasonic UA1 を活かす その(2)

    まほろばさん

    > オーディオに関して、いろいろと動き始められましたね。
    > 楽しみにしています。
    気分転換になればと思いまして。

    まほろばさんのサイトが、ここの所更新が頻繁になりましたね。
    写真モード全開ですね。

  2. mahoroba | URL | /5lgbLzc

    Re: ベリンガーDEQ2496~Olasonic UA1 を活かす その(2)

    かずさん、こんにちは。

    台風18号が、不気味に近畿をうかがっています。
    気がかりです。

    オーディオに関して、いろいろと動き始められましたね。
    楽しみにしています。



コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2067-e52d5d1b
この記事へのトラックバック