「豊稔池ダム」~国指定重要文化財のダム

2014年10月27日 09:55

カミさんの実家へ行った帰り、高松自動車道の大野原インターで降りて豊稔池ダムへ向かった。
デジャビューに襲われたが、この近くにある雲辺寺に行った事を思い出した。長宗我部元親が「我、四国の蓋とならん」と四国統一を宣言した寺で、自前のロープウェイを持っている。四国88カ所の寺でも特に裕福な寺の一つである。

閑話休題
豊稔池ダムとはどんなものか、私が下手な説明するより、You tubeで映画「豊稔池」を見れば5分で理解できる。


DSC02420s_20141024082801627.jpg
対向車が来るとヤバそうな山道を登っていくと、忽然と西洋の城のような豊稔池ダムが姿を現す。

DSC02422s.jpg

DSC02423s.jpg
見たところ短いアーチが5本の「柱」で分割された構造になっている。
立ち入り禁止となっており、ここからはダムの堰堤や下には行けない。

戻ってダムの下へ行く道を探す。

DSC02424s_20141024082805a27.jpg
ダムの下は小さな公園になっている。

DSC02436s.jpg


DSC02426s.jpg
7月に「ゆるぬき」と称して上の四角い放水口から排水する。
「ゆるぬき」では、排出口の下の斜路に沿ってチョロチョロ流すか、最も奥の3段になった斜面にだけ勢いよく流すかで、映画「豊稔池」にあるように、全ての排水口から勢いよく水が放出されるようなものでは無いらしい。

「ゆるぬき」の時には大勢の人が集まるが、今は私の他には誰も居ない。黒い「壁」に威圧されて不気味ささえ感じる。



DSC02428s.jpg
今は下の放水口から水位調整のため排水しているだけのようだ。


私はダムマニアではないが、これまで幾多のダムを見てきた。
白川郷へ行く途中、日本初のロックフィルタ゜ム「御母衣ダム」で初めてダムの真下に立つという経験をした。
日本アルプス横断の旅 3日目 白川郷・白山スパー林道 (この頃は大きな画像が載せられずサムネイルを貼り付けている)
ダムを下から眺めると、その圧倒的な物量感に魅せられる。人間はここまでやれるという事が実感できる。

P1000380s_20141024083129bb9.jpg
白水ダムは「日本一美しいダム」と自称するだけあって、水紋の美しさに見とれてしまう。こちらも重要文化財だ。
豊稔池ダムには、それとは正反対の無骨で猛々しい美を感じる。




関連記事


コメント

  1. かずさん | URL | -

    Re: Re:「豊稔池ダム」~国指定重要文化財のダム

    まほろばさん

    下から見上げる「ダム」も良いものでしょう。
    普通の重力式ダムでは放流の水路になってなかなか真下には立てないのですが、
    ロックフィルのようなダムでは地下に水路を作っているので、地上に放流路はありません。
    壮大な石積みを見上げる事ができます。


  2. mahoroba | URL | /5lgbLzc

    Re:「豊稔池ダム」~国指定重要文化財のダム

    かずさん、こんばんは。

    今日も快晴の一日でした。

    豊稔池ダム、存在感のあるダムですね!
    特に2枚目、その勇姿に圧倒されました。

    御母衣ダム、今にも崩れてくるのでは?と心配します。
    ダムの真下に立ったら、心配で・・・・・・・

    豊稔池ダム、女性的な曲線美のダムですね!
    流れ出る水の美しさは格別です。

    勉強になりました。
    ありがとうございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2081-7e85dc61
この記事へのトラックバック