プリンター更新~MP6530

2014年12月12日 10:04

キャノンのインクジェットプリンターMP630は、CD-RやBD-Rのレーベル印刷にほぼ専用で使っていた。
複合機能のスキャナーも、インクを消費するので使っていなかった。

B200「修理の必要なプリンターエラー」は何度か発生したが、ヘッドを洗浄して復活した。
顔料系の黒が目詰まりしているが、文字を印刷しないのでレーベル印刷に影響は無かった。
ところが突然U052「プリンターヘッドの機種が違います」が出てきて、ヘッドを認識しなくなった。

6年使ったから、買い直そうと思う。
「らくちんCDダイレクトプリントfor Canon」というレーベル印刷用のバンドルソフトを使って来たが、
2011年以降の機種ではサポートされず、ダウンロードも今年一杯でできなくなるという問題がある。
現在バンドルされている、My Image Gardenはレーベル印刷に関してはすこぶる評判が悪い。

ネットを手繰っていくと、サポートされないけれど、問題なく使える」という書き込みがあった。
敢えて最新型ではなく、その「実施例」のある機種MP6530(2013年モデル)をチョイスした。

P1020018s.jpg
左)MP630、右)MP6530 高さは低くなったけれど、一回り大きくなっている。
インクが5色から6色になって、写真はより綺麗に印刷できるようだ。
もっとも、これまで写真印刷は免許証のしか印刷した事がない。

マニュアルにはレーベル印刷に関する記述はなく、トレイの場所のみ辛うじて記載があった。
今はクラウドやスマホからのダイレクト印刷の方が、アピールするらしい。

相変わらずインクの消耗が早いが、ヘッドの目詰まりを予防するには高い純正を使わねばならないという。
MP6530は詰め替えインク対策に、インクケースを不透明にしたり、リセッターの作りにくいICチップにしているという。
canonはどうしても高い純正を買わせたいらしい。

MP630はその時々で安いモノを使っていた。
互換インクでも、一種類に固定すれば目詰まりが防げるのではないのだろうか。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2107-5620816b
    この記事へのトラックバック