安定器の経年劣化によるショート

2014年12月18日 10:15

リビングの蛍光灯が一本点かなくなった。
フィラメントの部分が黒くなっているので寿命だ。
ところが新品に換えても点かない。
グローを換えても駄目。

という事は、ちょっと古い照明器具の修理  の時のように安定器の故障!?

予備に残していた安定器(FZ30311244SW)に付け替えると、やはりチャンと点いた。

DSC02385s.jpg
これが交換した安定器だが、前回同様熱が掛かった跡も無く、外観からは特段の異常は見られない。
ランプが点き難くなって大電流が流れ、ショート後一瞬でフィラメントが切れて熱がかからなかったのだろうか。

これで5個の内3個を交換した。残り2個も時間の問題か。
予備を買っておくのもいいけれど、何時まで無理な姿勢での作業に身体が付いていけるのか。





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2109-45ee80dd
    この記事へのトラックバック