スカパー!プレミアムが消滅する日

2014年12月22日 09:23

スカパー!プレミアムも「一括0円」 以来視聴しているが、28600円分が無料になって、契約は1年縛り。
65チャンネルのパックが4093円/月だから、て一年で解約されると20516円になる。1710円/月である。
15チャンネルのパックなら約1000円/月にしかならない。(以上「木戸銭」421円/月は別)


なんで、こんなキャンペーンをやるのだろうかと疑問が湧いた。

scaper1.jpg
これは衛星放送契約者数の推移(「衛星放送協会」発表)データだ。

スカパー!の増加とは逆にスカパー!プレミアムは2005年をピークに減少し続け、2012年には遂に逆転されている。
スカパー!はBSと同じ110度にある衛星からの放送なので、アナログが停波になってデジタルテレビ
に買い換えると、一緒に付いてくるチューナーで受信できる。アンテナが立っていれば電話1本で視聴できる。
その手軽さで、スカパー!プレミアムから移行した人も多かっただろう。
スカパー!+スカパー!プレミアムの契約者数が殆ど変化していない事からも、それが覗える。

手軽さだけでは無い。スカパー!プレミアムはHDが売りだが、その画質が悪い。同じ番組をスカパー!と
スカパー!プレミアムで録画すれば明かだ。スカパー!プレミアムのDRはスカパー!を2~3倍モードで
録ったのと同程度の容量にしかならない。
(個人的には、同じチャンネルの同じ番組がアスペクト比が時に4:3だったり、時に16:9にワイド化されたりする
無節操さもマイナスだが、これはスカパー!でも同様なので、参加チャンネルの問題だ)


結局スカパー!プレミアム!にはスカパー!プレミアム!でしか観られないチャンネルを契約している人しか
残らないので無いだろうか。

このまま契約者数が減少すれば、124/128度衛星の寿命にスカパー!プレミアムの命運が同期すると考えても
おかしくは無い。。

このキャンペーンは在庫処分だと考えれば納得がいく。


scaper2.jpg
ちなみに、BS-NHKの契約者数を加えるとこのようになる。
契約者数が停滞しているスカパーやWOWOWに比べると、圧倒的な力強さで延び続けている。

970円/月が安いか高いかは別にして、放送コンテンツに実効の有るチェックシステムがなく、
やりたい放題の超巨大マスコミは、存在そのものが問題だと考えている。

分割民営化すべきはNHKだったのではないだろうか。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2114-bc980866
    この記事へのトラックバック