グリーンマックス京急新1000形のサウンドDCC化

2014年12月29日 14:02

羽田から京急で、横浜の「あいつ」のマンションや病院によく通った。
その時に耳慣れた「ドレミファインバータ」のサウンドを再現したくなった。
という事で「富嶽鉄道」1年ぶりの再開。

P1020032as.jpg
京急はプラのHOではモデルが無く、直近に発売されていたのはグリーンマックスのNゲージだった。

初めてのNゲージは・・・・・「んー小さい。こんなモノを弄れるのか」

DCCのコントローラでも一列車だけなら「0」番として認識し、DCで走る。
巷で言われるような、ギクシャクしたした動きとか、徐行運転が出来ずロケットスタートにるといったような事は無い。
実にスムースに動く。ただBLAKEにしておくとキーンというノイズが出る。
分解するに忍びないが、ドレミファインバータの音を出すにはDCC化しなければならない。

問題は2モーターであること。
ESUのNゲージ用サウンドデコーダーは電流容量が0.7Aしかない。
車両モデルより、デコーダーの方が高い。
とりあえず1モーターで走らせてみる事にした。

DSC02401as.jpg
台車を分解して、2台の台車に分散してるゴム巻きの動輪を、モーターを繋ぐ方の台車に集め、
動力を供給しない台車は歯車を外してフリーにした。

DSC02403s.jpg
モーターは外さず、配線をしていつでも2モータに戻せるようにした。


DSC02404s.jpg DSC02405s_20141229123821b8c.jpg
この状態で抵抗を測定すると、15.2Ωと13.1Ωでよく揃っている。真空管のようにマッチドペアーを選別しているようだ。

DSC02406s.jpg

DSC02407s_201412291243251fe.jpg
集電板の足を切り取って、モーターと絶縁した。


DSC02408s.jpg
集電板からは、この位置からデコーダーに渡す信号を取り出すように配線した。
デコーダーとの配線を行なって工作はおしまい。

ESUのデコーダー付属のスピーカーは16x25mmとあって一見そのままで治まりそうだが、
プラスチックのバッフルを付けると幅さが約2ミリ増えて、車両内に治まらない。
バッフルなしでスタートした。

コントローラのプログラムモードでアドレスが読めたので、デコーダーは正常に動いている。
アドレスも「3」のまま使う事にした。



物撮り用の50mmマクロで撮ったので、焦点深度が浅い。こんなのも有りかな。
とりあえずサウンドDCC化できたという事で。













関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2119-c61f6444
    この記事へのトラックバック