天賞堂 C62 走行不能

2015年01月07日 08:57

一年間元箱に入れて保管してきたHOの車両を取り出してテストすると、天賞堂のダイキャストモデルC62だけが、上手く動かない。
レールから持ち上げると、動輪はコントローラーのノッチに応じて廻るが、置くと動かなくなる。
手で押すとちょっと動くが、すぐに停まってしまう。

どこか滑っている。

開けてみる
DSC02427s.jpg
ウォームギヤから動輪に動力が伝わるのだが、動輪だけ回す事もできる。

きちんと填まっていれば、ウォームギヤ→動輪へ回転を伝える事はできるが、その逆や動輪だけを動かす事はできないはずだ。


DSC02429as.jpg
ウォームギヤのカバーから突起が出ていて、軸を押さえている。
この突起がもう少し下へいくようにできればきちんと填まるかもしれない。

少しだけカッターナイフの先でケースを削って、組み立て直してみた。
今度は動輪が廻らない。

いけるか・・・・・。

やっぱり停まってしまう。

動輪は・・・・・・・手で回す事ができる状態に戻っている。




DSC02428s_2015010609495380d.jpg
ウォームギアを外すと、中継の歯車が見える。
そんなに損傷を受けているようには見えない。


DSC02431s.jpg
動輪の底カバーを開けてみる。

DSC02430s.jpg
真ん中の動輪だけが動力を受けて、両側はクランクで繋がって動いているだけだ。
この大事な歯車が 少し強く車軸を持つと滑って回す事が事が出来てしまう。
無理な力が掛かった時にギアが損傷するのを防いでるのかもしれないが、
これで走行不能になっては元も子もない。

入母屋鉄道のいで爺さんに教えて頂いた、http://shopping.hobidas.com/shop/g/g015737が使えるかも知れないが、バネが入るような構造になっていないし、すんなり交換できるかどうか分からない。


サウンドだけの静態保存か・・・・・。





関連記事


コメント

  1. かずさん | URL | -

    Re: Re:天賞堂 C62 走行不能

    コメントありがとうございました。

    私の方のC62もギアが割れてしまいました。
    3台も逝かれましたか。同じ箇所で故障するというのは欠陥商品ですね。
    プラスチックのギアに金属時代と同様にグリスを塗りつける感覚が理解出来ません。
    プラスチックの材料によっては簡単に亀裂が発生します。
    同じ材料でやっいたていたら又発生するので、このままにしておきます。

  2. ブログをたまたまみかけました。 | URL | -

    Re:天賞堂 C62 走行不能

    同じ症状でC62-2が不動になりました。3号機と東海道型も第二動輪ギアに亀裂がありました。
    天賞堂へ修理問い合わせの後、故障品3機を送り無事無料修理にて戻ってきました。
    現在、C62の第二弾が販売されているので部品はメーカーにあります。修理内容は、現行品の動輪と交換となりますので、早めにメーカーへ相談することをお勧めします。
    既に修理依頼されておりました、余計なお世話でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2123-5186ca01
この記事へのトラックバック