SIGMA 50mm F2.8 macro & 24mm F1.8 with α7S~画角とボケ その1

2015年01月13日 10:12

先月のSIGMA 50mm F2.8 DG EX MACROに引き続いて、シグマの同じく生産終了となった24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACROを買った。

今度もAクラスの中古を買った。
キタムラの店頭で取り寄せて貰ったABクラスと比べたが、幾ら美品でも使い込まれた跡は消せない。
持っていて嫌になるよりは割高でもずっと使い続けられる方が良い。


sigmvszeisas.jpg
✱価格は価格ドットコムの値。50mmマクロは流通在庫にも新品が無い。

デカ過ぎ、重すぎのArtシリーズは端から対象外だが、純正の同一焦点距離にはPlanar T* 50mm F1.4 ZA SSMと
Distagon T* 24mm F2 ZA SSMの銘レンズがある。
どちらも10万以上していて、出番の頻度を考えれば割高すぎる。
更に、50mmはマクロなので当然だが、SIGMAの24mmも寄れるレンズである。
SIGMAの50mm F1.4 HSMを所持しているが、Planarと同様の最短撮影距離の所為で出番が少ない。
「寄れる」という事の有りがたさが身にしみている。


DSC02484s_20150111152943631.jpg
右が50mm F2.8 DG EX MACROで、左が24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO。重量相当分デカい。
24mm F1.8は大口径広角レンズだが、先っぽだけ広がっているシグマ独特のデザインである。
MFとAFの切り替えはピントリングを前後にスライドする事によって行うが、レンズをMFにしていても
α7SでAFにしていればAFになる。


DSC02480as.jpg
α7SにLA-EA4を介して取り付けたら1091gとなりズシリと重いが、日の当たらない室内でISO感度を気にせず撮るにはこれしかない。


SIGMA 24mm F1.8 は広角の割にはボケると言われている。50mm macroと比較してみた。

【SIGMA 50mm F2.8 DG EX MACRO 】
DSC02488s.jpg
目一杯寄って、車番の001に焦点を合わせている。
[F2.8 1/100 ISO2000]

DSC02491s_20150111164838eea.jpg
[F4 i/100 ISO4000]

DSC02492s_20150111164839fb3.jpg
[F5.6 1/100 ISO8000]

DSC02493s.jpg
ようやく行先表示や1000系の文字がはっきりしてきた。
[F8 1/100 ISO16000]

DSC02494s.jpg
[F11 1/100 ISO32000]

DSC02495s.jpg
流石にこのISO値では画質が荒れてくる。
[F16 1/100 ISO64000]

ブツ撮りでよく経験する事だが、マクロは寄れるが、少し後ろも入れようとすると思い切って絞らないとボケてしまう。
かといって、寄れないレンズでは余計なモノが入り込みすぎる。
通常なら、絞った分シャッタースピードを落として三脚が必要になるが、α7Sならズボラできる。


【SIGMA24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO】
DSC02478s.jpg
こちらも目一杯寄って、車番の001に焦点を合わせている。1000系の文字の右端はボケている。
[F1.8 1/100 ISO400]

DSC02479s.jpg
まだまだ、車両の前面だけを切り出したようにボケている。
[F2.8 1/100 ISO1000]

DSC02481s.jpg
ISO値がF2.8の50mm macroの半分しか上がらない。明るいレンズの御利益だ。
[F4 1/100 ISO2000]

DSC02482s.jpg
[F5.6 1/100 ISO4000]

DSC02483s_20150111173404aa0.jpg
床に落ちた髪の毛が見えてきた(苦笑)
[F8 1/100 ISO8000]

DSC02484s_20150111173429e67.jpg
[F11 1/100 ISO16000]

DSC02485s.jpg
[F16 1/100 ISO32000]


SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICALは、明るい広角レンズで、50mm macro程ではないにせよ、寄れる事を活かしてボケを作る事も出来る。
総てJPG撮って出しだが、解像度があって、 色乗りも充分だ。
そもそも、α65 with タムロン SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II その1 や、
タムロンSP AF60mm F2 Di II  vs. シグマ50mm F1.4 EX DG HSM に書いたように
シグマの色乗りが悪いのは昔の話で、α65以降はむしろタムロンより色乗りが良いぐらいだ。
色乗りはレンズの性能では無くて、撮像素子との相性の問題だった。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2126-cf9f9c2d
    この記事へのトラックバック