鬱々とした日々~1年前の今頃は

2015年01月19日 10:41

あいつが亡くなって半年。
時間が経つにつれて少しづつ気持ちも落ち着いてくるものと思っていたが、
張り詰めた神経が緩んでくるにつれて、却って辛さが増してくるようになった。


1年前の今頃、おしっこが出なくなって駆け込んだら、いきなり骨盤をえぐり取る大手術になった。
しかも、術後には麻薬が効かない程の激痛が続き、精神的にもパニックに陥った。
その上、病院内の引き継ぎの不手際で、夜中に2回も点検で起こされて睡眠も取れず、回復が遅れ、苦痛が続いた。

やっと普通の世界に戻ってきた

お骨になったら、骨盤に大きな穴が開いていた。
それから半年後に死ぬんだったら、あんな手術なんかしなくても良かった。


他にも、死ぬまでをもっと楽に過ごさせてやりたかった事が幾つもある。
精神的にも、肉体的にも。

それをあいつは、耐えて、耐えて、死んでいった。

カバーしてやれなかったのが悔しい。
それを次々に思い出すのが辛い。

辛いけれど、忘れるわけにはいかない。
いつまでも覚えていて思い出す事。
それが、あいつにしてやれる唯一の事なのだから。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2129-6ad45e73
    この記事へのトラックバック