アルバムの謎 (3) 水沢 不思議子

2015年03月02日 09:32

あいつのノートの1ページに地図と列車の時間がメモしてあった。

アルバムの謎(http://fugaku2.blog74.fc2.com/blog-entry-2030.html)
アルバムの謎(2)(http://fugaku2.blog74.fc2.com/blog-entry-2037.html)
の旅行計画ではないだろうか。


fushigi-1s.jpg
水沢駅から水沢信用金庫の横を通って、どこかへ行く経路だろう。
信金の横を真っ直ぐ行ったところにある☆印の辺りには「水沢北ホテル」があり、
0197-22-8888という電話番号に一致した。ここへ宿泊したのだろう。

もう一つの千葉産婦人科を通っていく「不思議子」が不明だった。


fushigi-map1s.jpg
地図で見ると、産婦人科は無くなったが「不思議子」はまだある。

fushigiko-map3s.jpg
グーグルストリートでみると、
この小料理屋(地図では「円居」となっているが画像では「さんきち」になっている)
の脇の路地を入ったところにある、幾つかの飲み屋の一つらしい。


fushigi-2s.jpg
メモは住んでいた杉田から、平泉へ行くスケジュールと
水沢から八戸へ行くルートが2つ、八戸からの帰路が書かれていた。
当初、一関による予定は無かったが、途中計画を変更して一旦一ノ関に立ち寄った後水沢から八戸へ向かったらしい。
アルバムの謎(2)にあった高架線からの景色は、三陸鉄道ではなくて東北本線のもとの言う事になる。


不思議子/水沢で検索したら
ブログ http://ameblo.jp/fushigiko730/
掲示板 http://8406.teacup.com/mikako/bbs
ツイッター https://twitter.com/fushigikomama
があって、全部ここのママさんのもののようだ。
一見様おことわりとしているが、普通のスナックのようだ。

掲示板の2015/2/22の記事によると「21年目」に突入とあるから、
「あいつ」が立ち寄ったの店が、まだ残っている!!





それにしても、縁もゆかりも無い地方都市の、路地裏のスナックを何故知っていたのか。
研究所内に、偶々この辺り出身の同僚が居たのだろうか?
不思議だ。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2140-0b250f8c
    この記事へのトラックバック