私の歴史 その6 防空壕のある家

2015年02月27日 09:52

小学校2年の時に今住んでいる場所に引っ越したが、それまでは借家に入っていた。
今なら地下鉄田辺駅から徒歩1分の場所だった。
当時、南海電車田辺駅はもっと西にあり、次の桃ヶ池駅との中間あたりになる。

oldhousess.jpg
以前は店舗であったようで、入り口が広い土間になっており、大きな縁台があった。
そしてその下には「防空壕」があった。

水道は無く、井戸から手押しポンプでくみ上げていた。
母は台所(土間にスノコを置いただけ)との往復で大変だっただろうと思う。
屋根はあったが完全に屋外にだった。

前栽には大きな石を組んだ築山があったが、「川」(石組みだけで、水は流れていない)
はしょっちゅう水を流して掃除しなければならなかった。
というのも厠から肥をオケで汲み取っていて、天秤がゆれると直ぐこぼれた。

2階には前栽側に縁側があって、進駐軍の双胴機P38が銀色に光って飛んでいくのがよく見えた。
台所や厠のある棟は平屋で、よく屋根一杯に布団を置いて乾かしていた。
ある日その上で遊んでいる内に、転がり落ちた。
下は石敷きなので、落ちたら大怪我になる。転げながらそう思った。
幸い、樋に引っかかって辛うじて助かった。


防空壕は、土間のコンクリートを割って、手掘で造ってある。深さは1メートルくらい。
籾殻が敷かれていて、薩摩いも等の貯蔵に使われていた。
寝転ぶと気持ちがいいので、絵本を持って入った事もあるが、
蓋を閉めると真っ暗になるのでお気に入りの場所という訳では無かった。



この防空壕は使えない。
建物が焼け落ちて来たら、そのまま出られなくなる。
蒸し焼きになるか、酸欠で窒息死してしまう。

直ぐ近くに模擬原爆を落とされたものの、空襲に遭わなかったので家は残り、家族も無事だった。





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2146-dffae9eb
    この記事へのトラックバック