変わり餅

2015年03月20日 10:06

先週、もちつき について書いたら、餅を送って下さった方が居た。

ネコと通称される、ナマコ状の細長い楕円形に伸ばした餅をスライスした切り餅だが、色んな物が入っている。

DSC02760s.jpg
右から、たかきび、蓬(よもぎ)、薩摩芋、塩を混ぜてついている。

他のはほのかな味だが、薩摩芋入りは直ぐにそれと判る程甘い。

何も入っていない餅を真空パックにしたのはスーパーでもよく見かけるが、こんなのは見た事がない。
昔の味を楽しむ需要があるようだ。

色んな物を混ぜるのは、今は違った味を楽しみたいからだが、
米を充分に食べられなかった時代に、雑穀類を混ぜて増量したというのがルーツかもしれない。


食感は真空パックの餅と同じで凄く柔らかい。
手でついた餅と違って、機械で完全に捏ねてしまうからだろう。


そう言えば、あいつの49日の餅もまだ残っていたなあ。





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2163-e6c547c8
    この記事へのトラックバック