α7Sの再ファームアップ~ソニーは信頼できるのか

2015年04月10日 09:15



3/26からSEL24240発売に合わせて、
「SEL24240の画質向上」のためにファームウェアがアップデートされた。

その後アップデート出来無くなったという書き込みを見たが、サーバーシステムの問題だと思っていた。


ところが、4/6になって「再開」できるようになると、アップデートのバーションが1.20から1.21に上がっている。
http://www.sony.jp/ichigan/update/?searchWord=ILCE-7&ILCE-7R&ILCE-7S&ILCE-6000

再アップデートが必要なのかと、その1.21の内容を確認すると、
「・本体ソフトウェアver1.20において、レンズ本体のソフトウェアのアップデートが始まらない症状を修正しました。」
なんじゃい、レンズ側がアップデート出来無いでどうする。

またUSBケーブルを接続してアップデートする羽目になった。


ソニーのアップデートは、インストール中もUSBケーブルを繋いだままにしなければならない。
途中で一旦リセットの手続きが入って何かと面倒だし、アップロード中に通信が途切れてファームがお釈迦になるのは恐ろしい。

PANAのようにファイルをダウンロードしたSDカードからアップグレードする方が間違いがなくて安心なのだが。



本来なら、発売日には間に合っていなくてはならないアップデートの公開が遅れた上、
バグがあって短時間の内に再度バージョンアップを行う。
ソニータイマーと揶揄されてきたが、最近はソニーの「製品」だけでなく「会社」にも「信頼」がおけなくなったのは事実だ。

カメラ本体は次々と新製品を発売して、どんどん買い換えさせる上に、「純正」レンズでないと使えない機能を盛り込んで、高い純正を買わせる。
これではユーザー層は拡がらない。いつまで経っても「3番目のメーカー」から抜け出せない。



関連記事


コメント

  1. かずさん | URL | -

    Re: Re:α7Sの再ファームアップ~ソニーは信頼できるのか

    まほろばさん

    > アップデートした方が良いのでしょうか?

    私はα7Ⅱではないので、なんとも。

  2. まほろば | URL | /5lgbLzc

    Re:α7Sの再ファームアップ~ソニーは信頼できるのか

    こんにちは。
    毎日、冷たい雨が降り続いていますね。

    >PANAのようにファイルをダウンロードしたSDカードからアップグレードする方が間違いがなくて安心
    全くその通りです。
    まほろばは、面倒なのでアップデートをしていません。(^0^;)
    アップデートした方が良いのでしょうか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2175-2b165637
この記事へのトラックバック