スマホでブログアクセスはどう変化したか

2015年05月18日 12:22

4/29にスマホ用テンプレートを作りスマホからのアクセスをカウントするようになって、約2週間以上経過した。
前後でアクセスの中身がどう変わったか調べてみた。

uaandpvs.jpg
カウントされるようになったというだけで純増ではないけれど、
ユニークアクセス(UA)は150→200台前半
ページビュー(PV)は200代後半→400台半ばへと、50~60%増加した。



FC2ではuserAgentからOS別の集計も出来る。(unknownがあって100%ではないが)
WindowsとMacでディスクトップ機からのアクセスを、
IPhone、iPad、AndoidにLinux(純粋のLinuxは殆ど無く、ほぼAndroid)を加えた数をモバイルからのアクセスとした。

diskvsmobileas.jpg
4/29以降のアクセス増は、モバイル機からのアクセスが50から200と4倍も増えた事が原因である。


diskvsmobileshares.jpg
シェアで比べても4/29以降は、それまで70%を超えていたデスクトップ機からのアクセスが40%を割るまでに低下している。


andvsiphos.jpg
iPhone系とAndriod系のシェアを比較すると、4/29頃まではiPhone系が70%程度で優勢だったが、
以降はAndriod系が50%近くまで押してきている。


これまでプロバイダー名から割り出した都道府県別のアクセス(月間)が比較できた。
判別できないものも多く、あくまで参考値である。
例えばeonetはoskとかhyg(兵庫)、shg(滋賀)が付いて識別可能にはなっているが、「不明」と出る。
fukenbetsu.jpg
これは今年4月のデータだが、東京がトップで大阪、愛知、神奈川や関東一円の人口の多い県が上位を占める傾向は、不変だった。


fukenbetsu2.jpg
これは今月16日までの半月分のデータだが、東京がダントツでトップになっている。
これはドコモのSPモードが「xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp」として上がってくるからだろう。
実際には全国をカバーしているようだが、.tachikawaだから東京と判断される。
auやsofbankではau-net.ne.jpのように地名は入ってこない。
もう府県別データーは参考にならない。





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2197-e17aca4d
    この記事へのトラックバック