たつの市散歩

2015年06月10日 09:22



書写山円教寺を見終わってまだ午後1時だったので、車で30分ほどのたつの市へ向かった。
数ある「小京都」の一つで、脇坂家龍野藩5万石の城下町でもある。
揖保川の右岸が城のある旧市街で、観光スポットが集中している。


DSC03725s.jpg

DSC03693s.jpg
「武家屋敷ゾーン」に入った。雰囲気はあるものの、それらしき外観の家は無い。
ただ、驚いたのは街路が綺麗に掃除されている事。植栽のある家が多いが木の葉一つ落ちていない。
道路に白い点がいっぱいあるので、花びらが落ちているのかと思ったら舗装の装飾だった。
こんな所に住んだら、気苦労が多いのだろうなと思う。


DSC03723s.jpg
綺麗に整備されていて、外観からは旧い武家屋敷と思えないけれど、「武家屋敷資料館」に入ってみた。入場料無料。


DSC03692s.jpg
建物だけで家具等は無い。住人は居なくて、整備保存しているだけという。
京町家同様、間口より奥行きの深い家で、明かり取りの中庭がある。
とは言っても戸建てで、裏には離れもあるので敷地は100坪はある。
パンフレットには二人扶持とあるが、そんな下級武士の屋敷とはとても思えない。



DSC03695s.jpg
ちり一つ落ちていないし、人っ子一人居ない。眠ったような町をぶらぶら歩いていたら、龍野城があった。
ここからの映像しか見ないので、ここだけだろうなと思ったていたら、案の定この隅櫓だけが再建されていた。


DSC03702s.jpg
最も長く統治した脇坂家は外様だったので、城郭は再建せず陣屋だけの城だった。
この本丸御殿のも再建されたもの。ここも入場料無料。


DSC03701s.jpg
明かり取りの中庭は石庭になっている。


DSC03700s.jpg
豪華な金箔張りの部屋は「ヒガシマル醤油」寄贈。
もとは花鳥風月が描かれていたらしい。



DSC03705s.jpg
城の正門を出て


DSC03704s.jpg
左に行くと三木露風の生家があった。
龍野市は「赤とんぼ」の町をウリにしている。
ここも無料でPRに勤めているが、露風は幼い頃に両親が離婚し、祖父に育てられたはずだし、歌人としての活躍は
早稲田卒業後の東京なので龍野とは縁が薄い。

「負われて見たのは」が母親の唯一の思い出だったのかもしれない。
ここはパス。


DSC03710s.jpg
ヒガシマル醤油の旧本社社屋が、醤油資料館となっている。
この建物自身、登録有形文化財となっている。


DSC03713s.jpg
同じ醸造なので、置いてある物は造り酒屋と変わらない。
薄暗くして雰囲気を出しているが、α7Sなので気にせずシャッターが押せる。


DSC03707s_20150604163945bf7.jpg
旧そうな町並みを撮って龍野はオシマイ。

名前に惹かれて来たものの、旧い家並みが固まって残っているわけではないので、観光客を集めるのは難しいという印象だった。



撮影[α7s+SEL24240]Capture one で補正

走行距離251km


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2209-defdb04b
    この記事へのトラックバック