渦の道

2015年06月22日 12:07



6/19
義父の33回忌で、昨年に引き続いて壬生川に行った。

淡路島と四国を結ぶ大鳴門橋の袂に「渦の道」という、遊歩道と展望台を備えた施設がある。


まず鳴門公園の千畳敷展望台からの大鳴門橋
DSC01893s_20150622111134825.jpg
[NEX-5R+SEL1018]

DSC03779_2s.jpg
[α7S+SEL24240]

共に広角端のJPG画像で、上は換算15mm下は24mmだが、ぱっと見には同じ画角に見えてしまう。
上の写真には橋の向こうに小さな島が写っている。下ではその島が右端に入ってしまっている。
これだけの違いがあると言うべきか、これだけの違いしかないと言うべきか。



DSC03793s.jpg
遊歩道には所々真下を覗ける窓が、床に設けてある。


DSC03788s.jpg
壁は金網だけで、吹きさらし。展望台に着く頃には汗が引いて寒くなってきた。



DSC03822s.jpg

DSC03819s.jpg
渦は刻々と場所を変えて起こっている。同じ場所には現れない。
「今日は大潮で渦がよう廻いとる。ええ日に来られた」とボランティアガイドの方がおっしゃっていた。
上から眺めるので、渦で海面が凹む様子は見られないが、なかなか迫力がある。


DSC03798s_20150622114251a1f.jpg
観潮船が橋の下に張り付いている。
船腹の前後にもスクリューを持っているので、渦と一定間隔を保ち続けられる。


DSC03809s.jpg
帆船型の観光船もやってきた。
こちらはスッと横切るだけかと思ったら、しつこく渦を追い続ける。
通常の観潮船と同じ装備を持っているようだ。


DSC03816s.jpg
やがて、2隻とも客を堪能させて去って行った。
こちらももう充分に観た。

鳴門公園を出たところに、陶器タイルで古今の名画を再現した「大塚美術館」がある。
入ってみようかと思ったが、その向かいにある大塚の「迎賓館」の建物が余りにケバケバしくて品が悪いので、行く気が失せてしまった。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2215-c5b95c47
    この記事へのトラックバック