父親と息子

2015年07月27日 10:28

「あいつ」が会社へ入ってから、「モノと拘わって生きていきたんやけど」と言った事がある。
親として、それはイカン。この世を造っているのは人であってモノではない。
芸術家や職人になってはいかんと言った。

父親というものは、自らの経験に鑑がみて、息子には、 叱咤激励して上へ伸びて欲しいと思うものだ。

しかし、人間としては、「ようわかる。そうするが良い」と言ってやりたかった。





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2222-15e1b558
    この記事へのトラックバック