四国88箇所車遍路(2)  計画編その2 問題点

2015年08月04日 10:17

(1)走行距離
2日目(日帰り) 往復319km+寺間93.6km=412.6km
3日目(日帰り) 往復357km+寺間90.9km=447.9km
4日目(日帰り) 往復607km+寺間46.3km=653.3km

5日目(一泊)  片道297km+寺間218.5km=515.5km 
6日目      寺間218.5km+片道362km=570.5km      

トライブで、1日500kmも走るのは北海道位だった。
2日目、3日目は行程の殆どを高速道路が占めるから、何とか行けるだろうが、
4日目、徳島-室戸岬-高知の間は一般道しかない。それで650kmというのは体験したことがない。
フェリーを使えば、少しは楽かもしれないが時間がかかる。
何か考えないといけない。


(2)駐車場
ルート/所要時間の次に大事なのは駐車場の位置情報だ。
NHKのテレビテキスト「はじめての四国遍路旅」をあてにしていた。

ところが、これは13番札所大日寺の図だが
nhkdainichis.jpg
寺の向かいに駐車場がある事になってるが、
グーグルで確かめると
13dainichipark.jpg
離れている。

見通しがきいてすぐに判ればいいが、そうでないとバックして迷ったりと、よけいな負担になる。
NHKの地図は決った「アイコン」で地図を構成する事に主眼を置いていて、正確さには留意していないように見える。
1寺1寺、グーグルの航空写真で確認しておいた方が良さそうだ。


(3)車難所
行き違いのできない細い山道が唯一のアクセス道になっている寺が幾つかある。
12番 焼山寺
35番 清瀧寺
60番 横峰寺
が車遍路の3大難所とされている。
その他にも10指に余るほどの難所が存在する。

2代目ハリアーの車福は何の因果か、1845mmとシリーズ中最も幅が広い。
5ナンバー車と比べると155mmの差がある。
10年目が近づいて、そろそろ小さいのに買い換えようか思っていた矢先に、「あいつ」の病気が発覚してそれどころでは無くなった。
しかし今すぐ小さいのに買い換えたとしても、新車で車福ギリギリのところへ出かけるかというと、話は別になる。


(4)混雑
行きはいくら早朝に出発しても、7:00AMの納経所の開所より早く着く事はないので、問題はない。
しかし、帰りは「本州」に入ってから阪神高速3号神戸線の深江以西と、海老江-阿波座間で大渋滞にひっかかる。
渋滞に巻き込まれずに済むルートはないだろうか。



懸念はあるが、装束も購入したし、見切り発車で始めるしか無い。
DSC04141s.jpg





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2233-83344bb4
    この記事へのトラックバック