ナンバーワン秘境駅「小幌駅」廃止

2015年07月30日 09:41

究極の秘境駅として知られる、JR北海道の小幌駅が廃止される事になった。


2010年に私も行った事がある。
http://fugaku2.blog74.fc2.com/blog-entry-1343.html
もう1人の降車客も「同好の士」だった。それ以外では偶に釣り人が下車するらしい。

崖の途中に作られた駅で、駅の両端はトンネル、崖の上へ続く道はない。
唯一下の海岸へ急な坂道を降りていく事ができるが、砂利浜の海岸へは船以外では近づけないと徹底している。
海水浴客で賑わった事もあるというが、帰りに上ってくるのは相当にしんどい。
列車以外では接近する事もできない、まさに究極の秘境駅である。


ここは、トンネルとトンネルの間に作られた、保線要員用のため作られた信号所だった。
居住用の建屋や屋外トイレがある。
その後、60年代に海水浴客のために仮降車場になり、JRになってから駅に昇格した。
集落があってできた駅ではないし、駅ができてから集落ができた事もない。
浮浪者が1人住み続けていた位だ。

なのに紹介記事には、どれも
「当時は近くに集落があったが、少しずつ人がいなくなり、駅に通じる道も自然消滅。」
と普通の秘境駅のような紹介がされている。

「毎日」のこれが元ネタのようだ。
http://mainichi.jp/select/news/20150726k0000m040030000c.html

鉄道に関心のない記者が寄せ集めで記事にし、余計な一文を加えて馬脚を表した。
誰が迷惑を被るわけでもないから良いが、元記者だった種村直樹があの世で怒っているだろう。





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2235-5d3f976f
    この記事へのトラックバック