12番焼山寺~肩透かし 四国88箇所車遍路(3)  

2015年08月05日 09:46



8-3maps.jpg
当初、既にバスツアーで行った6番安楽寺に続いて、四角で囲んだその近隣の7番~10番から、11番藤井寺、
12番焼山寺と回り、余力があれば右の丸で囲んだ13番大日寺~17番井戸寺という、番号通りに回る計画を立ていた。

しかし、
「車難所」の焼山寺に行く時間が掴めない。
難所を抱えたままでは、落ち着かない。
ので、先ず最初に焼山寺を片付け、来た道を引き返して13番大日寺~17番井戸寺のゾーンを制覇し、
西に向かって11番藤井寺、更に北の四角いゾーンの中を行けるだけ行くという計画に変更した。


P1020434s.jpg
8月3日7時45分、焼山寺駐車場に到着。
焼山寺は標高938mの焼山寺山の8合目にあり、四国88箇所中雲辺寺に次いで2番目に高い場所にある。

100台は駐まれようかという駐車場には、私と先に来たもう一台が駐車しているだけだった。
降りてくる車とスレ違う事も無かった。


DSC04175s.jpg
国道438号線から山道に入っても、お遍路の元祖とされている衛門三郎を祀った杖杉庵あたりまでは集落があって、対向も可能だった。
その後細くなるが、焼山寺が近づくにつれて再び道幅に余裕がでてきた。

真夏の盛り、平日と人の少ない時期を選んだのだが、こうも空いているとは思わなかった。
この後も、各寺でも数人のお遍路さんしか居なかったし、ツアーバスには一日中出会わなかった。



DSC04150s.jpg
山門までは、平坦な山道が続く。
西国33箇所の観音正寺とよく似たコースだが、もっと整備されている。


DSC04148s.jpg
所何処に精巧な石仏像が配置されていてる。
広大な駐車場、山道の整備、石の柵に石仏と、焼山寺は相当裕福な寺のようだ。


DSC04171s.jpg
こんなのもある。


DSC04153s.jpg
やがて石段の上に仁王門が現れる。

DSC04156s.jpg



DSC04165s.jpg
境内には「300年杉」と呼ばれる、亭々たる大木が立ち並んでいる。


DSC04160s.jpg
灯明と線香をあげ、写経と納め札を収め、読経。これを本堂と太子堂の2箇所で行う。
最後に「あいつ」の戒名を頭の中で唱えてみた。
その後、納経所で御朱印と、帷子に御印を押して貰って終了。


DSC04174as.jpg
駐車場に帰ると、横浜ナンバーの軽が駐まっていた。
ここまで軽でかと絶句したが、
フェリーが東京-徳島を運行しているから、そちらかもしれない。


駐車場の奥からも山道が出ている。
藤井寺に直行する近道だが、こちらは「本物の車難所」の道だ。
行ったらエライ事になる。
急がば回れ。



帰りも、登ってくる車と出会わなかった。
かくて車遍路の第一歩を無事踏み出した。
肩透かし? それが最高。

[α7s+SEL24240]




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2238-e9243f48
    この記事へのトラックバック