Googleマップの地図データ更新が遅すぎる

2015年08月10日 09:52



8月3日
徳島経由で四国に渡ると、一旦一般道へ降りないと徳島自動車道へは入れなかった。
しかし6月に壬生川へ行ったときに、高松自動車道から徳島自動車へのジャンクションができていた。

今回の車遍路の帰りも、徳島自動車の土成ICから高速に入ればそのまま高速だけで家まで帰れると思い、Googleナビに従って走っていた。

ところが、一旦「高速道」の道路標識が出たものの、いくら走っても一般道が続く。
ようやく高速に入れたと思ったら、高松自動車道の板野ICだった。

ネットで調べると今年3月14日に開通している。

Screenshot_2015-08-07-02-30-02as.jpg
赤い楕円の辺りにあるはずの高速道が無い!
スマホ版にも、PC版にも載っていない。

もう5ヶ月も経っているのに、そんな馬鹿な。

でも、どうやらGoogle マップは、「新規道路開通の反映が遅い」というのが、常識のようだ。

カーナビの地図とWeb地図サービスの地図を比較してみた



Screenshot_2015-08-07-02-36-27s.png
Yahoo!カーナビで見てみると、ちゃんと道路があるではないか。
次からは、こっちを使おう。


Screenshot_2015-08-07-02-20-44s.png
尤も、この区間で高速に乗るのは「おすすめ」ではないようで、「高速優先」にしないと出てこない。


Screenshot_2015-08-07-02-21-33s.png
実際に走ったルートが、実はヤフーでも「おすすめ」だった。


Screenshot_2015-08-07-03-16-21s.png
「繋がっていない」Googleマップで、徳島自動車道から高松自動車に無理矢理乗り換えさせてみると、こんなルートを作ってきた。
藍住ICと板野ICが、最短で繋げるルートだから確かに合理性はある。

実際にここで繋がなかったのは、徳島市街へのアクセスと徳島ICから南下する「四国横断自動車道」との接続があるからなのだろう。










関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2241-2a20797a
    この記事へのトラックバック