17番井戸寺~独り言  四国88箇所車遍路(8)

2015年08月19日 09:30



DSC04243s_201508150726531e9.jpg
8月3日
12時28分井戸寺到着。
山門裏の駐車場を探すまでもなく、寺の北側のスーパーの駐車場のように大きな駐車場に着いた。

寺伝によれば天武天皇の勅願寺である妙照寺が前身とされる。
阿波国の国司がこの地にあり、広大な伽藍を有していたという。
町名が国府であり、間違いないだろう。

その後、「長宗我部元親の戦いにより焼失し蜂須賀家により再興された。」
どこかで聞いたような・・・・。この辺りの札所は皆そうなのか。


DSC04245s.jpg
朱塗りの武家造りの山門は徳島藩主の別邸から移築したという。


DSC04247s.jpg
境内は広く、本堂は大きい。裕福そうな寺だ。

七仏薬師如来坐像-聖徳太子作
脇侍の日光・月光菩薩-行基作
十一面観世音菩薩-空海作

これってオールスター・キャストじゃないか。ここまでやるか。
仏像って数日あれば造れるのか。
聖徳太子は総理大臣、行基も空海も仏教による護国国家の中枢人物、そんな人々が仏像を彫っている暇が有るわけないだろう。
そもそも八十八箇所にしてから、空海が知っていたのか。眉唾物だと思っている。
すべては「寺伝」。言うた者勝ち。

寺がなんと言おうと、有料で朱印を書く以上、これはスタンプラリー。
納め札の色が回数によって変えられるのは、リピーターを呼ぶ仕掛け。
テーマパークの経営と同じじゃないか。


それでも、巡る事に抵抗はない。
子供の頃から数え切れない程訪れた「四国」という地を、全体として俯瞰してみるのに絶好の機会だと思っている。
また下手な読経が「あいつ」に届いていると感じられる事があれば、それだけで廻る価値がある。
信仰と関わらなくても、それぞれの理由、それぞれの価値観で廻れば良いのだ。



DSC04250s.jpg
十一面観世音菩薩は製作年代等が不詳でもOKの重文だった筈で、国宝ではなかったと思うが。いつのまに昇格。
私達は本堂と大師堂でしか読経しないが、ここでもお経をあげているお遍路さんが居た。


DSC04248s.jpg
真ん中のお堂の中に、弘法大師が掘ったという「面影の井戸」がある。
これが井戸寺という名称の元になっているという。


DSC04253s.jpg
空井戸ではなく、水がある。
この水面に自分の姿がハッキリ写れば・・・・・・。
ってこれは3番金泉寺と同じ伝説では。


[α7s+SEL24240]





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2247-7c5c4a18
    この記事へのトラックバック