未完の魂、死の予定表 by 飛乃剣弥

2015年08月31日 10:08



「あいつ」は33編の小説と1つの短編集を残した。長編❪100枚以上)は23編あり、千枚を超える大作もある。
その大半を2005~2008の4年間に書き上げている。
会社へはキチンと行っていたし、「落ちのある」ブログもほぼ毎日更新、どんな生活をしていたのだろうか。
本人も「絶頂期」と言っていたから、次々とアイデアが浮かんで、書き上げるのも速かったのだろう。

ちなみに、この頃の飛乃雑記は、ブログといっても、好きな事を書いて「見てもいいよ」ではなくて、
読み手のウケを狙って書かれた「作品」になっている。フィクションも混じっている。



これまでは落ち着いて文章に目を走らせる事ができなかったが、ようやく作品を読めるようになってきた。

これは、自薦他薦共に彼の最高傑作で、ライトノベル作法研究所というサイトに「高得点小説」として掲載されている。

sinoyotei.jpg
↑このバナーをクリックすれば作品に飛びます。




「概要」
「予定表に抗う事なく当洋館で過ごせば、十日以内に死にます。しかし、生き残れば一生働かなくてもいい
だけの大金が手に入ります」
こんな招待状で天才医術師アクディ=エレ=ドートの館に招待された客は5人。
彼らにはある共通点があった。
渡された「死の予定表」には10日間のスケジュールが書かれている。スケジュールを変更するチャンスは一回だけ。
彼らは自らの意志に反して、予定表に書かれた通りの行動をとり、次々に殺されていく。


「感想」(ネタバレ)
全5章の各章は5人の招待客がそれぞれ主人公に設定されており、「死の予定表」に基づいて互いの死に関
わる行動をするという凝った構成にチャレンジしている。

ミステリーっぽい筋立てだが、伏線とその回収に遺漏は無く、構成感のある作品になっている。
作りものっぽさは感じるが、「こんな手法で書きたい」と思った構想は実現されている。



しかし、最終章で死んだ人間が生き返るというエンディングは、小説としてはチョット例外的だ。
ここは死んだ事実は変えずにエンディングに持っていくのが普通だろう。
そして読後に余韻を残す。

「あいつ」はそうしなかった。
小説としての価値・評価を上げるよりは、自分の好きなエンディングを書く事を優先した。
だから、エンディングの後に大団円が続いて、余韻の余地を残さず書ききってしまう。
この大団円の章を書きたい為に、それ以前の4章を苦労しながら書いたのではないだろうか。

「僕はこんな終わり方にしたいねん」。
子供の頃からゲームやアニメの元のストーリーとは違った物語を書き綴っていた、「あいつ」の声が聞こえてきそうだ。

「蛇足」
ここにでてくる「 コールド・エッジ」という病気は、確たる治療法がなく治癒率5%以下、大半は3年以内に死ぬ。
「あいつ」が罹った平滑筋肉腫をとそっくりだ。まるで予感があったような。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2252-49321de7
    この記事へのトラックバック