「刑事フォイル」がNHK-BSに

2015年08月24日 10:19

スカパーの「AXNミステリー」チャンネルで放送されてきた「刑事フォイル」全28話が、今週末の30日からNHK-BSで放送される。

当ブログで「オックスフォード・ミステリー 」の一つとして、「主任警部モース」や「ルイス警部」と一緒に2月に紹介した。

原題は「Foyle's War」で使いにくかったのだろうが、フォイルは警視正なのに邦題が「刑事」とは解せなかった。
しかし、この原題には意味があった。

他のミステリー・ドラマと違って犯人はフォイルに指摘されると、簡単に犯罪を認めてしまう。
この辺は「捕物帖」並みだ。
その代わり第二次大戦の開戦から、終戦、冷戦と時代背景に沿った「犯罪」を描いてる。

戦時中は一人息子が戦闘機のパイロットだったり、ダンケルクの撤退作戦、対独諜報活動等々、
戦時下の事件がストーリーに取り込まれる。
シリーズの前半はヘイスティングスという田舎町の警察署が舞台だが、戦後はロンドンに移る。
個人の犯罪を暴いても、組織の力に押し戻されてしまうのに倦んだフォイルは何度も辞職願いを提出するが、
その度に「余人をもって替え難し」と慰留される。
冷戦下、とうとうMI5にリクルートされるが、フォイルは警察時代と変わらぬ鋭い洞察力で事件を解決していく。

こうしてシリーズ全体を観ると「Foyle's War」というタイトルがしっくり来る。


[蛇足]
スカパーでは暫く新作の放送が無かったが、先々週末、先週末と1日に3作、計12作を一挙に放送した。
NHKがやるというので、急遽前倒し放送が決まったのだろう。
でも、NHKは1回を前後編にわけるので、全編放送するには1年とちょっとかかる。慌てなくとも良かったのでは。
ファンにとっては好都合だったが。




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2256-14b314ac
    この記事へのトラックバック