車載カメラ~NEX-5R SIGMA 19mm F2.8 DN VS SEL1018

2015年09月06日 10:18




DSC02835s.jpg
運転席から見える景色を撮ろうと、ダッシュボードに付ける固定具を買ってみた。


DSC02834s_201508281432053eb.jpg
車外から見ると結構迫力がある。

フォーカスはマニュアルで無限遠にしておく。
1/500くらいのシャッターで、F8~13位にしておけばブレやピンボケは無いだろう。
絞り・シャッター固定でISOオートというモードが付いたのはα6000以降で、残念ながらNEX-5Rには無い。
ISOを200~400位にすれば大体希望の条件になった。
シャッターはワイヤレスリモコンを使う。

準備万端整えて試運転してみたら、ダッシュボードに30分も置いておくと、カメラが異常に熱くなった。
α6000の次の機種も噂されているので、もし壊れたら買い換えても良いが、酷使に何回耐えられるか判らない。
ここは機械に頼らず、助手席のカミさんにホルダーとリモコンを担ってもらう事にした。


チョイスしたレンズはシグマのDNシリーズで最も短焦点の19mm。換算28mmになる。
DSC02840s.jpg

DSC02842s.jpg
右が2年前に9千円で買った旧型の30mm、左が新型の19mm。
光学系は変わらないと言われているが比較すると少し差があるようだ。個体差がどうかは不明。
黒色が品切れで即納可はヨドバシだけだった。それも私が最後だったようだ。

SEL1018よりこっちの方がコンパクトで触るところが無く、カミさんが扱いやすいだろうと思ったのだが、
フォーカスリングがクリティカルでちょっと触ると直ぐに拡大表示になってしまう。
距離目盛りが無いのでズレても、撮ってみなければ判らない。

結局「鈍い」SEL1018を使う事になった。



ついでに解像度を比較してみた。

DSC01945-1s.jpg
SEL1018、SIGMA DN 19mmともに、ピーキングでだいたい無限大にしてシャッターを切り、
JPEG画像の真ん中の赤枠を等倍で切り出した。

DSC01935a.jpg
[NEX5-5R+SIGMA DN 19mm]

DSC01945.jpg
[NEX5-5R+SEL1018 18mm]

この比較では両者の解像度に差があるとは言い難い。
しかし、大きな画像で比較すると、SIGMAの方が「解像度感」が高かった。



本番[SEL1018]
DSC01979s.jpg
大鳴門橋

車速は100kmぐらいで、路面の凹凸による縦揺れを感じたが、シャッタースピード1/500でブレてなかった。
フォーカスが無限遠固定で、合焦する必要が無かったのも寄与しているだろう。
ISOは200固定で、Fが8.0となりこれも丁度良かった。


DSC01984s.jpg
立江寺から鶴林寺に向かう途中の、那賀川沿いの道

曇ってきて、Fが6.3に落ちていたが、ピントに問題は無かった。

フロントガラスのせいで全体に青みがかるが、これだけを見ている分には気にならない。



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2259-e9e75f0d
    この記事へのトラックバック