7番十楽寺~子を亡くした痛み 四国88箇所車遍路(11)

2015年09月04日 09:39



9月1日
本来は出発の日だが、先週末から毎日雨が続いている。
予報では明日も雨で、明後日になってやっと晴れる。
しかし4日は金曜日で、事実上週末の「ごと日」になる。
前回は普通の日だったが、午後5時の阪神高速は既に月見山から、3号神戸線、海老江・阿波座まで渋滞を示す真っ赤に塗られていた。
布施畑から7号線で西宮口ジャンクションを目指すルートをとったが、到達する頃にはこのルートも渋滞になっていた。
ならば、吹田から近畿自動車道と思ったが、これも宝塚ICに来た頃に一気に赤に変わった。
仕方がないので池田から空港線へ入ったが、これがガチガチの渋滞。
結局切幡寺から2時間半で帰れる予定が4時間もかかった。
とても「ごと日」に出かける気になれない。

4日間も降り続いていると、天気予報にだんだんとズレが生じてくる。
夜になって、徳島地方が「曇り時々雨」から17時までだが「曇り」に変わった。
明日朝の天気予報を見て、変わらなかったら出発という事にした。
夜中に2度も激しい雨が降って駄目かなと思ったが、翌朝には何と10時から12時までは晴れ、それ以外は曇りになっていた。


9月2日5時45分出発。
四国88箇所車遍路第2回は前回残した7番~9番を回り、18番恩山寺から23番薬王寺と廻って徳島の札所を回り終える予定である。

明石大橋では曇りだったが、淡路島を縦断して大鳴門橋にさしかかったところで晴れて陽が射してきた。
高松自動車道を板野ICで降りてからは一般道だったが、時間が早かったせいか通勤渋滞に遭わなかった。


DSC04297s.jpg
7時43分7番札所十楽寺到着。

山門からマイクロバスに乗った団体さんが出発する所だった。
昨夜はここの宿坊に宿泊したのだろう。

DSC04316s.jpg

DSC04305s.jpg
山門の直ぐ隣にビジネスホテル並の宿坊がある。



DSC04299s.jpg
山門をくぐると直ぐの所に、水子供養の地蔵が祀られている。


DSC04301s.jpg
更に石段を上がって中門を潜る。
どちらも、中国風というか竜宮を模した形式になっている。


DSC04304s.jpg
手水場の石が変わったデザインだ。


DSC04303s.jpg
本堂
境内には私達以外の人影が無い。
ろうそくもお線香もない。
ひょっとして今日の一番乗りか。


DSC04308s.jpg
線香は、特定の人の冥福を祈願するなら1本、不特定なら3本をあげる。
私達の場合は、勿論1本。



DSC04311s.jpg

DSC04313s.jpg
本堂も大師堂も新しい。
ここも長宗我部元親の乱で焼け江戸時代に再建されたクチだが、平成になっても立て替えが続いている。


DSC04315s.jpg
お不動さんが祀られているのかと思ったら、「海軍飛行予備学生」の慰霊碑だった。
予備学生で戦死、しかも「飛行」という事は、特攻隊だったのか。
子を亡くした親の嘆き・無念が70年経ってもこういう形で残っている。
今、その痛みが胸に響いてくる。

[α7s+SEL24240]Capture Oneで補正



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2263-d09603e9
    この記事へのトラックバック