薬王寺からの帰路~スケジュールの検証

2015年10月07日 01:54



DSC01989s.jpg
9月1日
朝からまともな食事をしていないので、薬王寺周辺に何軒かある手打ちうどんの一軒「やすらぎ」という店に入った。

DSC01992s.jpg
他に客はいない。昼食がメインのようだ。
麺が茹で上がるまで時間がかかると言われたが、20分程待って「厄うどん」が出来てきた。
エビ天、ワカメに餅が具に入っている。
コシの強い麺ではなかったが、歯ごたえが有り塩気の強い出汁が旨かった。
関西で、うどんというと甘めの出汁に慣れているので、よけいに旨く感じたのかも知れない。


DSC01995s.jpg
これは「水曜どうでしょう」で、薬王寺と最御崎寺の間で大泉洋がうどんを食っているシーンだ。
ここから最御崎寺まで何も無いし、窓の外の格子がそっくりだ。
食っているのも我々が食べた「厄うどん」によく似ている。手前の白い物は餅だろう。
この店の可能性が高い。


DSC04567s.jpg
まだ陽があるので、薬王寺から見えていた日和佐城に行ってみた。
入場は無料だが、残念ながら16時で閉館していた。
薬王寺を出たのが16時だから、先にこちらへ来ていても間に合わなかった。


DSC04569s.jpg
城の中へ入れば薬王寺が見えたのだろうが、駐車場からは日和佐の湾しか見えなかった。


十楽寺から薬王寺のルート。



今回の徳島市内の3寺と18番恩山寺から23番薬王寺までスケジュール。
88schedule3.jpg
十楽寺着が7時47分。
前回のスケジュールの検証でやったように、机上の所要時間380分に1.27を掛けて30分足すと512分、8時間32分を足すと
16時19に薬王寺を打ち終える予定はずだ。
抜けていた昼食休憩30分を引くと、実際の打ち上げ16時とほぼ一致している。

今後はこの式でスケジュールを立てる事にする。




淡路SAにて
DSC04576s.jpg
[α7S+SEL24240 175mm 1/200 F6.3 ISO20000]

DSC04574-1s.jpg
[α7S+SEL24240 55mm 1/60 F5.6 ISO25600]Capture Oneで補正

帰りは3時間の予定が4時間掛かった。
徳島市内で帰宅ラッシュ渋滞に遭ったのと、淡路SAで30分程度の休憩をとった為だ。
その後阪神高速は空いていて80~100kmで流れていた。
淡路SAから自宅まで1時間13分だった。 


朝5時30分に家をでて午後9時前に帰宅した。
全走行距離485km、15時間30分のロングドライブだった。






関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2265-bc42a13b
    この記事へのトラックバック