18番恩山寺~その2 恩山寺山門と旗山 四国88箇所車遍路(15)

2015年09月16日 10:27



DSC04405s.jpg
9月1日
恩山寺の駐車場へ行く途中、赤い欄干の橋を渡る。玉依御前の伝説に因んで母養橋という名前が付けられている。
この橋を渡ったところに恩山寺の山門がある。
殆ど廃屋状態で、道路からも切り離されている。


DSC04400s.jpg
両脇にボロボロの大ワラジをぶら下げた画像が出回っているが、流石に取り外したようだ。


DSC04402s.jpg

DSC04403s_2015090615003214a.jpg
格子の間から覗いてみると、胴体に比して手足の大きな、子供のような可愛い仁王さんがチャント居た。


DSC04398s.jpg
山門のすぐ側にある、びんろうの樹は「バクチの木」と呼ばれている。
樹皮が剥けて真っ赤な木肌を晒しているのが、バクチに負けて身ぐるみ剥がされている様子を連想させる。



DSC04409s.jpg
恩山寺から1キロ程の所に、旗山と呼ばれている場所がある。
こんな事でもないと来ない場所なので行ってみた。
道の真ん中に鳥居があって車ごと通ってきた。

畑の中に小山がある。人工のものだろう。


DSC04410s.jpg
この上に八幡神社が祀られている。


DSC04416s.jpg
「山頂」に日本最大の騎馬像がある。

八幡様は武勇の神だが、何故ここで義経なのか。

屋島の合戦の際に、義経一行は小松島の湊から上陸し、ここに源氏の白旗を掲げたとされている。
その後、主従150騎は屋島まで徹夜で駆け抜け、陸上からの攻撃を予想していなかった平家を背後から奇襲した。



DSC04411s.jpg
台座から上の高さが5.35m、重さ5.5t、高岡で鋳造されて1991年に建立された。
時期からして竹下登の一億円バラマキの金を使ったのかと思ったが、個人の寄贈だそうだ。



[α7s+SEL24240]Capture Oneで補正




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fugaku2.blog74.fc2.com/tb.php/2268-52839226
    この記事へのトラックバック